2013年 10月 24日
一瞬
本当に頑張れるのって、人生で、一瞬だと思うんです。
一生のうち、限られたまたたき。
明日は夜空で輝くか。

アーチストも、たった一枚のアルバムだと思うんです。
まれに、二枚、三枚はありますが。

私は次は考えません。
自分の力がまだあるかも分かりませんし。
また次考えればいいでしょう。

世の中に、自分がいた、っていうあしあと。
何回遺せるんでしょうね、気力でしょう。

私は、自分の中に
湧き上がるテーマ
双葉が開くなら、それを樹にしてみたい。
続く限り。

闘っています、ちんまいとしても。
それを見ていただけるのであれば、
皆さんにお願い申し上げます。

動いています。
這い回ってみせます。
気力続く限り。
[PR]

by jazz_houser | 2013-10-24 23:09 | etc | Comments(6)
Commented by harutibe at 2013-10-25 01:50
スマホで見てたら、広告のこのまま一生独身なんてイヤ!までが文書かと思ったよ(笑)
うん、次の事は次考えればいい。
自分がいた足跡を残す、よく考えてた。
私、いま1番自分以外の人の為に一生懸命かも。これも私がいた足跡になる?

影ながら君の樹が大きく育つのを見守ってるよ。
Commented by jazz_houser at 2013-10-29 07:24
harutibeさん、ありがとう。
このまま一生独身なんてイヤ!
心情を表してるのかな?!(笑)

命が繋がる、何物にも替え難いこと。
足跡どころじゃないでしょう?
いま、とても大それたことを計画しています。
すべてが万一うまくいったら、
ちょっと奇跡というような。
こころのどこかで応援お願い。
よい知らせ、待っててください。
Commented at 2013-11-05 20:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_houser at 2013-11-07 18:02
鍵コメさん、こんばんは。
お帰りなさい、ですね(^^)
私は相変わらず、あーでもない、こーでもないとやっています。
近々嬉しいご報告ができるよう、がんばります。
来年は写真の年と決まってますから!!
こちらでもよろしくおねがいします。
Commented by nicoglass at 2013-11-08 02:33
ずっと続く一本の道。登る時もあれば下り坂もある。
途中いろんな花が咲くでしょう。つぼみのまましおれるものもあったり。
どれが一番きれいだったかなんて見る人それぞれのものさし。
自分自身のものさしも変わるでしょう。
折り返し地点やゴールはなくて、ただその道が好きだから
その道を前に歩いて行くだけ。
頑張る、というよりその道が何よりも誰よりも深く好きなんでしょうね。
わたしはこの歳になってそんなふうに感じています。
Commented by jazz_houser at 2013-11-08 22:09
nicoglassさん、ありがとうございます。
折り返しも、ゴールもないんですよね。
まだ早いかもしれませんが、体力や気力の衰えのようなものを感じる時もあります。
日々、働いて、飯を食って、寝るだけでも難儀で、たまに弱気になったり。

やりたいはずなのに、絶海の孤島で、
撮れない時はカメラが重くて、投げ捨てたくなる時もある。

いつやめてもいいのに、なぜやるか?
私の中にはまだ、湧き上がるテーマが二つある。
それを世に出すまでは、やめられない。
やめたくない。
写真が好き、というより、それよりも、少しでも長く好きでいたい。

その二作を形にする間に、また種が生まれるかどうかは分からないです。

まずは、目の前の一つを。
待っていてもらえたら、幸せです。


<< 新作写真展 ニコンサロンJun...      プリント >>