2012年 01月 15日
nomad to land
もうすぐ34。
歳を取るごとにやることが増えてゆくものかもしれない。
今、自分の人生で、もっとも忙しい時期。
のしかかってくる重圧に、こころの平穏がない。
なぜこのような時に、いくつもやることを増やすのだ?
と思ってみたり。

全紙の紙を10枚。規則的にしるしを付けてゆく。
ロータリーカッターが紙を切る感触。

薬品をすりこぎで粉砕していると、無心になれた。

f0182432_1452027.jpg


薄暗い中で、薬液を調合して、冷ます。
光に透ける結晶。

夜な夜な紙を液に浸して、調える。

f0182432_1515750.jpg


限られてしまった写真の時間。
あ、これこそが素の自分になれるひとときと気づく。

終わろうが、終わるまいが、やる。

nomad to land / kiyotaka yaguchi

2/12(日)~18(土)※水休

Gallery Limelight
[PR]

by jazz_houser | 2012-01-15 01:59 | Comments(4)
Commented by harutibe at 2012-01-17 15:45
あなたももう34かぁ。。。。。。
早いものだねぇ。。。。。。お互い。
君はなんだかんだずっと走っているね。
大阪、行きたいけどなぁ。
Commented by jazz_houser at 2012-01-18 00:15
>harutibe
なんなんだろうね。
とんでもない、でも、やってしまう。
こんな時なので楽をしたほうが、、、という気持ちがつい過ぎっても
結局後で後ろめたい気持ちはしたくないんだよね。。。
この展示をやることを決めた頃、
あーだこーだ考えて、抜けて
こうしようと思ったこと、
それを見て見ぬふりするのが。

写真としてどうなのか、振り返ってる暇は無いので(笑)
2月12日に向けて突っ走ります。
今回の展示は素だなぁ。
良くも悪くも?自分のために開催させてもらいます。
Commented at 2012-01-18 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_houser at 2012-01-18 23:51
>鍵コメさま
大きくはそうです。
ご存知のとおり2年ほど前からあたためて来ましたが、
今回はこれで。
私はそれほどプリントが好きではないので
単なる技巧というわけでもない、
それは展示を見た人だけが分かるのです。

やっぱり無理だ、とかもうちょっと、とか
後戻りは出来ないので
一気通貫で仕上げます。


<< paper ceiling      新年 >>