2010年 05月 13日
上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテスト受賞作品展-兵庫・尼崎
【第10回上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテスト受賞作品展】

2010年5月15日(土)~6月6日(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)
※金・土曜のみ18:00まで(入館は17:30まで)
※火曜日休館(5/18、25、6/1)

尼崎市総合文化センター美術ホール(5階・4階)
※入口は5階です。

「木魅」 見に行っていただけたら幸いです。
東京生活うん十年なので東京人ですが、
生まれは尼崎なので、なんとなく嬉しいことですね。
眼を閉じれば生まれた街が浮かびます。

今日の東京は朝からとても光が透明で、鋭い感じがしました。
こんな日はカメラと散歩が楽しいだろうなぁ。
お散歩がてら見に行っていただけたらありがたいことです。
[PR]

by jazz_houser | 2010-05-13 18:05 | 展示 | Comments(2)
Commented by nicoglass at 2010-05-28 20:53
矢口さんこんにちは。今日、展示、拝見してきました。
枝葉のくねりの一つひとつに鼓動を感じました。
あの作品は現像からプリントまで自己完結なんでしょうか。
中高生の大胆な発想や上野氏、内田氏の時代の視点にも触れることができて、なんとも、充実したひと時でした。
方法は変化しつつも写真というものが長い時を超えてそこに同じように並んであるのが、なんか、いいなぁと思いました。
すごい量の作品数でしたね。
Commented by jazz_houser at 2010-05-28 21:11
nicoglassさん、ご高覧いただきありがとうございますm(__)m
あの展示はバリエーションが豊かで、かつ、見応えのある社会派の作品も多いですね。
学生の若い感覚のものも、あぁ、私にも分かるなぁというのもあれば、ん??という若い感性のものも。
面白いですよね、同じ写真なのですが。
若手のコンテストに顔を出していると、入賞者とは必ずどこかで顔を合わせるもので、
この間もコニカミノルタで個展をされていました。
皆さん精力的に活動されているので、私も頑張らねば!と引き締まります。
あのコンテストは面白くて、入賞すると、プリントするラボが指定されます。(主催者持ちです)
私は心配性なので、もちろんプリント見本をつけました。
プロラボにはいい仕事していただけました。


<< 大阪リバイバル+展準備1      旅立つ君へ >>