2010年 04月 29日
旅立つ君へ
新しい世界に飛び出す勇気、怖さ。

君なら大丈夫。

精一杯頑張って、大きくなった姿をいつかまた。

f0182432_1395161.jpg

多良間島~宮古島


島から南の空を仰ぎ見よう。

遠い同じ空の下、頑張っているあなたがいる。

見えない姿が頑張る力を与えていることを。
[PR]

by jazz_houser | 2010-04-29 01:43 | 多良間島 | Comments(8)
Commented at 2010-04-29 20:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_houser at 2010-04-29 21:51
鍵コメさん、こんばんは。
目の前はライトアップされた美しい庭、その向こうは夜の海です。
一瞬一瞬、やり残し悔いのないように
のんびりなんて口だけな私です。
いつか帆を休めるその日まで進もうと思います。
八重山タイムなんて巷ではよく言いますが、
実際の撮影は夜討ち朝駆け、
今日はなぜか肺が苦しかったです(^^;

独りは寂しい、それもありますが
独り島に接してる時が安らぎの時なのかなと思います。
今夜森の中で蛍を見ながらそんなことを考えました。
Commented by nicoglass at 2010-05-01 02:49 x
この写真と詩、すごく好きです。
いいですね。なんか若いころを思い出しました^^;
Commented by jazz_houser at 2010-05-01 07:52
nicoglassさん、おはようございます。
石垣島は曇り空に所々晴れ間が見える天気です。
二日酔いも覚めそうな爽やかな朝です。

私もまだ若いうちに入りますかね?
精神的に幼いところはある気がします(^^;

旅立つのは、出会いのはじまりですね。
Commented by ayami at 2010-05-02 09:31 x
今朝大阪に帰ってきました。このところ週末は東京で写真展を丸1日お腹いっぱい見まくって帰る…という生活が続いています。(多分5月いっぱいはほぼ毎週…)
テンション高く動ける内にいっぱい色んなものを見て色んな人に会おうと。毎回行くたび収穫がたくさんあります。

4、5月の年度初めは昔から余り好きではありません。春がそんなに好きな季節じゃないからかな…

でも、最近人の繋がりを実感する出来事が続いて。「ああ、こんなとこでも繋がってたんだなぁ…」と。

どんな場所に行っても「繋がれる存在」は(目の前にいるとは限らないけど)必ずいるんだ、そう思うと自分のやっている事に少し自信が湧いてきます。
「旅立ちの季節」でなくても…
Commented by jazz_houser at 2010-05-05 15:47
ayamiさん、こんにちは。
お返事遅くなり、申し訳ありません。
石垣島での結婚式、波照間島での年のお祝い、
とめでたい、かりゆし続きでした。
いよいよもう後半です。
一年ぶりの与那国ですが、静かに何か見つけられたらと思います。

そんなに東京に来てらっしゃるのですね!
確かに東京はいくつものギャラリーが写真展をしてますし。
人との繋がりを感じるというのは、
ayamiさんご自身がよい流れにあるのではと思います。
Commented by handachin at 2010-05-09 07:04
素敵な写真、素敵な誌ですね^^
会社辞めて行ったオーストラリア...
そこでの眩しい光を思い出しました^^
不安と希望、いろんなものが入り混じった
素敵な光だと思います。
Commented by jazz_houser at 2010-05-09 12:26
handachinさん、ありがとうございます。
友人は昨夜オーストラリアに旅立ちました。
人間にはいつどうなるか分からない、可能性を秘めています。
送り出す方にもかける期待と、一抹の哀愁があります。
遠い西の端からさらに遠い南の空を見つめました。

先程石垣に戻りました。
今夜には東京、そして新宿のラボです(笑)


<< 上野彦馬賞九州産業大学フォトコ...      近況 >>