2009年 06月 23日
大阪展5
今日は朝から阪急電車に乗って武庫之荘へ。
各駅停車で15分少々。
武庫之荘の思い出は、ごくごく限られたもの。
田んぼに囲まれた真新しい家。
姉と用水路(溝?)に落ちたこと。
どじょうを取ったこと。

まず北口に降りてぶらり。
とても古い由緒ある屋敷が並び、板塀に囲まれた小道がいい風情な一角。
・・・違う。
雨がやんで蒸し暑い中歩き廻る。
駅前のロータリーにある好みの喫茶店に入る。
ジャズが流れる店内はほの暗く、夜はJazzバー。近所の人の憩いの場のよう。
ママにお話しを聞くと、あなたより長くやっているわよ、と。
35年といえば、私の生まれる少し前。
私と同じ、コーヒー・酒好きの母は来たのだろうか。。。

また夏のような日差しの中へ。
南口に出てさらに南へ。
保育園を抜け小さな公園に。
その前にある古い建物、薬局に産婦人科を尋ねる。
私の生まれた病院はあった。
当時は2階建くらいと聞いていたが、大きくなっていた。
さらにその周辺で聞き込みをすると、姉の通った小学校が。
大きな小学校で、校庭で先生と生徒が放課後の運動をしていた。

来た道を戻り、用水路を尋ねるが分からないという。
区画整理が行われたのは30年前。
私が引っ越したのは27・8年前だからあるはずだが・・・
あった。
用水路にはそこここに蓋のような橋がかかり、分からなかったのだ。
この用水路の廻る一角が全面の田んぼだったはず。
また幼稚園の辺りに戻ってきた。
そこで一軒一軒見て廻る。
ほとんどが最近の分譲マンションか、築浅の戸建て。

2周して見つけた。
4つの意匠の似た2階建の家が繋がった区画。
その前には懐かしい私道が。
周りには田んぼしかなかったのに、今はマンションに周囲を囲まれている。
手前から二番目だ。
記憶はおぼろげだが、間違いないと思う。

最後は一番古くからやっている明石焼きの店へ。
そこで昔話を聞いていたら、昭和30年位の空撮写真を見せてくれた。
田んぼが広がる。

たった3年くらいだけれど、私が生まれて過ごした場所を知ることができて、よかった。

--------------------------------------------------------------

今日はそんなこんなで17時すぎにニコンサロンへ行きました。
お会いできなかった方、申し訳ありませんでした。
でも、なんと5回、皆勤賞の方がいるのです!!
今日はおじいちゃんのNikonFEを見せに持ってきてくれました。
それをサービスセンターで清掃点検してもらい、ざっと使い方を説明すると、
嬉しそうに彼氏と二人梅田ヨドバシにフィルムを買いに行きました。
本当にありがたいことです。

明日は14:00くらいにはサロンに行こうと思っています。
あと二日ですが、よろしくお願いします。
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-23 00:58 | 大阪ニコンサロン | Comments(2)
Commented by momo-riv at 2009-06-23 23:19 x
昨日、今日とありがとうございました。

先日、自身が八重山を訪れた事もあり、その時に感じた感情がよみがえり
勝手に作品とシンクロさせてしまいました。
八重山の人・自然に作品を通して触れ、こみあげるものがあり…
なんだか見ていられず 不覚にも途中、休憩を挟んでしまいました(^^;

そして本日出直しの2日目。
技術的な事は無知なので、単純に感情的に作品を拝見するばかりですが
どの一枚をとっても非常に繊細。
展示の順番に沿って拝見すると、このショットの次にコレ来ちゃうかぁ
などと、また勝手に切なくなったり感慨に浸ったり…

八重山の写真を通して、人の営みや、あらゆる生命についてまで思考がめぐってしまいました。

また今日は会場でお話させて頂き、個々の作品・八重山・写真を撮る(撮り続ける?)という事など
それらに対する思いを少しでも伺い知る事ができ、とても有意義なひとときでした。

マブイハメグル という言葉を、まだ頭の中で反芻しております…

明日はいよいよ最終日ですね。
お疲れでしょうけど、頑張ってください☆
Commented by jazz_houser at 2009-06-24 01:50
momo-rivさん、感情移入含め、ありがとうございます。
会場で皆様の姿を見て、ここは話しかけるべきか、
それともそっとしておくべきか、そう感じることもありました。
皆様が八重山に行かれて、それぞれのマブイハメグルを感じていただけるのを願っております。

すべての写真の前後には意味があると思っています。
すべてを言葉で説明すると薄っぺらく感じると思います。
何度も見てくださった方はよりわかっていただけたと願っています。

ありがとうございました。


<< 大阪展6      大阪展4 >>