2009年 06月 14日
後生花
船浮の静かな入り江を抜けて、小船は白浜に向かう。
雲行きが怪しくなり、今にも雲が降りて来そうだった。

白浜集落を歩き、あてもなく小学校の方へ。
ポツ・ポツ・・・と水粒がカメラバックを叩く。
すぐにレインカバーをかけて、屋根の下へ走る。

雨音しか聞こえない。
数十メートル先も、灰色に包まれる。
何も考えずに目の前の道路に雨粒が砕けるのを見ていた。

アスファルトが青味を帯びてきた。
空のある部分が急に明るくなり、裂け目から光が落ちる。
その光が道を登ってきて、私も眩い光に照らされる。
気づくと周りだけ晴れていて、まだすぐ先は雨が降っている。

f0182432_20573044.jpg

Wide Angle Rolleiflex

青黒い道にアカバナーが散る。
皆が沖縄、南の島らしい花と思う。
何物にも代えがたい、真っ赤な色は後生(グソー:あの世)に咲く花だから。
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-14 20:59 | 西表島 | Comments(2)
Commented by harutibe at 2009-06-15 00:04
いいね、コントラストが。
シュールだね。
Commented by jazz_houser at 2009-06-15 12:09
先日、野村恵子さんの写真を書店で見ていたら似たカットがありました。
私よりもヌメッとした雰囲気・湿度を感じました。
カラーもこだわってらっしゃるようです。
harutibeもよかったら見てみたら?
女性を感じる写真です。


<< 犬と暮らす      個展準備17 >>