2009年 06月 03日
影へ誘う
島を抜ける道。
蜘蛛の巣を顔に受けながら蝶と歩く。
鞄を下ろして、水を飲む。
喉を水が通る音。
それが消えると、森の音しかしない。
どれも生き物の出す音だ。

しゃがんでみる。
と、いつからか無音になった。

濃い緑の間から、光が降り注ぐ。
それでできる影。
無数の生き物に包まれて、死の香りを嗅ぐ。

f0182432_23522517.jpg


Wide Angle Rolleiflex

また厚みのある生き物たちの音が、耳に戻ってきた。
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-03 23:56 | 新城島 | Comments(2)
Commented by lotuspapa at 2009-06-04 14:18
この花のネットリとした感じがなんともいえないですね。
神奈川県からほとんど出ることのない私には新鮮な色です。

我が家の庭には紫陽花が咲き始めました。
梅雨がそこまで来ているようです。
Commented by jazz_houser at 2009-06-04 19:20
lotuspapaさん、こんばんは。
ちょっとかけ離れた、退廃的な色ですよね。
当時メインだったUC100のせいもあるかもしれません。
プーンの匂い立つような感じです。
先日私もアジサイの花を見て思いました、梅雨がくるなと。


<< ゆるやかに蝶は誘う      個展準備16 >>