2009年 05月 30日
静謐を破る
夜半の雨が止んで、しん、とした集落。
草を踏む足が露で濡れる。
いつもの静まり返った空気がより一層沈降する。

はっきりと終わりを感じながら、自分からは触れない。
一人じっと中へ中へ。

f0182432_10265046.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar

羽音が私を呼び戻す。

新城の空気を肺にゆっくり満たしたなら、
肺胞から芽が出て、
身体を養分にガジマルが繁る。
そんな気がした。
[PR]

by jazz_houser | 2009-05-30 10:31 | 新城島 | Comments(4)
Commented by kadokawa511 at 2009-05-31 09:01
jazz_houserさん、おはようございます。
とても素敵な朝の通り道ですね。
鶏がいるだけの風景なのになんだかとても
非日常的な感じを受けました。
どこへ続いてるんだろう?と気になります(笑

カメラをはじめてから、色々な方のブログなどを
かなり拝見するようになってより一層感じるのですが
jazz_houserさんの写真のように
「ドスン」とストレートに心に響く写真は
少ないように思いました。
奇をてらって見たり、アート風な感じにしたり
どんな写真を撮ろうが、それは本当に人それぞれ
自由なのですが、私もjazz_houserさんの様な
真っ直ぐな写真がいつか撮れたら良いなと思いました。
カメラ初心者の拙い感想で申し訳ないです。
Commented by Dameo-camera at 2009-05-31 10:10
18日、梅坂さんOKです。
Commented by jazz_houser at 2009-05-31 16:32
>kadokawa511さん
こんにちは。
そう感じていただいてとても嬉しいです。
私の尊敬している身近な写真家に
「写真は美しくなきゃいけない(その上で・・・)」といわれたことがあります。
美しい写真が撮れたらそれjは嬉しいのですが、
あまりそれは自分の中で選ばれません。
皆が無意識に求める沖縄らしいとか八重山のステレオタイプなものは、
自分が撮らなくても誰かが撮っていると思います。
眼に見えないものを写す、それが自分の大事なことです。
今度の大阪展では自分の思う、
“見えないものが写っている写真”
が懸かっていると思っています。
心霊写真じゃないですが(^^;

私もこのブログを初めて、ネットの世界には美しい写真がいっぱいあるんだなぁ、と驚きました。
kadokawa511さんの撮る写真に、いい意味で自分との違いを感じています。
自分にはこういう視点ってないな、とか。

作家さんは、もちろん美しい上で、
オリジナリティがなければいけませんよね、
私も日々精進です!
Commented by jazz_houser at 2009-05-31 16:34
>Dameo-cameraさん
ご連絡ありがとうございますm(__)m
予定通り大阪にいけるよう、頑張ります!!


<< 個展準備16      3人と1匹 >>