2009年 05月 19日
遺影
都会で暮らす、希薄な人間関係。
両隣に住んでいる人の顔を見るのは年に一度あるかないかだ。

西表島の果て。
一晩泊めてもらったおじぃは、妻子と離れ、独りここで暮らす。
帰ろうとする私に、「遺影を撮ってくれ」と言った。

私はそんなことを言われたこともなく、
遺影になると思って撮ったこともない。
戸惑いつつ、真剣な瞳にOKした。

「おじぃの一番好きなところで撮ろう。」

ありのままの目の前の男を撮った。

東京に帰って、現像し、プリントして額装する。
送っても音沙汰無し。
届いているはずなんだけどな。

一年後また訪れた。
多少気になってたから。
いつもの場所に行くと、ピンピンして、
「おぉ、矢口か!何でいる!」
なんだやっぱり元気じゃん・・・

「あの写真、みんなに見せたぞ。すごいだろーって」
自販で買ってくれたオリオンで乾杯して、
「お前は、八重山の祭を撮ったほうが売れる」
などと適当に言っている。
「有名になってもまた来てくれよな、家に泊めてやるから」
その後、アサヒカメラを送っても当たり前のように連絡はない。

f0182432_1293585.jpg

Wide Angle Rolleiflex

虚像の世界は思念に繋がる。

いや、おじぃんとこはいいよ。
俺、きれい好きだからさ。

こうやって、また八重山に帰らなければいけないんだな。
[PR]

by jazz_houser | 2009-05-19 01:34 | 西表島 | Comments(6)
Commented by mallard3 at 2009-05-19 18:29
こんばんは。大分前からご挨拶もせず、リンクさせていただいています。
マラリア撲滅舞台の保健所はまだあるのでしょうか、
などなど、八重山はいつか行くことになるような気がします。
これからも楽しませてください。
Commented by jazz_houser at 2009-05-19 23:01
>mallard3さん
はじめまして、矢口と申します。
興味を持っていただきありがとうございます。
マラリアは地上戦のない八重山で大きな戦争被害をもたらしました。
保健所のことは存じておりませんが、
60年以上経った今も、疎開した人の心の中には、
記憶に刻み込まれています。
私は戦争を知らない世代ですが、それを辿ることも、
八重山のことを知る一つの道だと思っています。

mallard3さんは長い間、タイ・ヤンゴンを撮ってらっしゃるのですね。
私も八重山をできる限り撮り続けようと思っています。
いつか八重山にもいらっしゃってください。

こちらのブログは「魂は廻る-マブイハメグル」のバックグラウンドをつぶやく場となっております。
いつか本編もご覧いただく機会があれば幸せです。
Commented by riepon♪ at 2009-05-20 01:37 x
雲間の月明かり、でしょうか。
吸い込まれそうな写真。

「虚像」って辞書を見たら、
「物体から出た光線が凹レンズや鏡などにより発散させられた場合、
実際に光線が交わるのではなく、発散した光線を逆向きに延長して
できる像」って書いてありました。

つまり写真のこと?違ったらごめんなさい。理系弱くて・・・
恥ずかしながら、私は「ニセモノの姿」って意味しか知りませんでした。

「虚像の世界は思念に繋がる」
写真を撮ることは、思いを馳せ続けること
と勝手に解釈しましたが、そうだとしたら素敵なフレーズね。

私もたまに感じますが、
近いものではなく、遠くにしか思いを馳せられない都会人の性、
でもあるのでしょうか^^;
Commented by jazz_houser at 2009-05-20 09:22
>riepon♪さん
これは、虚像です。
スコールの後の空と雲が、水溜りに映ったものを撮りました。
書いておきながら、虚像の定義を厳密には知りませんでしたが、
そう思ってつぶやきました。
意識・無意識を問わず、写真を撮ることは自分と向き合うことですね。
Commented by kadokawa511 at 2009-05-21 21:56
jazz_houserさん、こんばんは。
本当に深く突きぬけた様な空ですね。とても綺麗です。
それにそのおじいさんの話もとても素敵でした。
個展の追い込み頑張って下さい^^
Commented by jazz_houser at 2009-05-22 00:40
kadokawa511さん、ありがとうございます。
通えば通うほど、こういったことが増えてゆき、
東京に戻っても八重山の色々な人のことを考えることになります。
私が思うのはまったく勝手なことなのですが、
もうフェードアウトはできない、そんな気にさえなってしまいます。

大阪は緊張しますね、どういった反応があるのか。
頑張ります!


<< 個展準備15      隣り合う >>