タグ:ムシャーマ ( 9 ) タグの人気記事

2009年 10月 19日
弥勒節
ミルク(弥勒)は遠い海の彼方、ニライカナイから五穀の種と豊穣を齎すと言われている。
波照間島では盆行事ムシャーマの際にミルク行列が行われるが、
他の八重山の島々では豊年祭で登場することが多い。
弥勒というと弥勒菩薩―シッダルダの入滅後56億7千万年後、人々の前に姿を現し、救済する
を連想する。
その顕現は八重山の弥勒信仰、弥勒世と通ずる。

ミルク信仰はその昔、中国やベトナムなどの東南アジアから伝わったとのことだが、
その際に作られた歌がある。

「弥勒節」

大国ぬーミール―クー ばが島にいーもーちー
(大国の弥勒様が我が島にいらっしゃった) 

うかきぶーせーみーしょーりー 島ぬあーるーじー 島ぬあーるーじー
(どうぞお治めください 島の主)

サーンサーン グヤーァー サー (スィ) サー サー・・・

八重山の祭を何度か見たことのある方ならば、必ず聴いたことがあるメロディ。
ゆっくりとした、私にはどこか呪術的な。
波照間の知人は「いつも会の〆に流れる、ヤマトの“蛍の光”みたいなもんさー」と言う。

私は西表の節で幾度も耳にした。
すべてが終わった時、集落全員で無伴奏で歌う。
最後のサーンサーン・・・という節の部分。
女性や男の子、老人、、、皆の声が空気を震わせた。
疲労がすっと消えて、なんともありがたい、幸せな心地。

ミルクのゆっくりとした、優雅な動きをするたびに、
世果報の粒子が皆に振り撒かれているよう。

私の頭の中に「たいぐくーぬー みーるーくー・・・」と流れてくる。


ミルクの向こうにニライカナイが見える。

三線でやっと安里屋ユンタを弾き語りできるようになりました。
次は何にしようかな、、、、
そうだ!弥勒節!と思ったのですが、はたして私にできるかなぁ。
まず歌の音程が高いような(^^;

[PR]

by jazz_houser | 2009-10-19 12:38 | 波照間島 | Comments(8)
2009年 09月 03日
三線が聞こえる‏
昨日はソーロンのナカヌヒ、波照間島でムシャーマだった。
天気もよく、祭日和だったことだろう。

各組のミチサネー(行列)、棒術、太鼓、舞踊、狂言。。。
島と島出身者、観光客、総出で行う、旧盆の一大行事だ。
手作り感がとても心地よい、自然に笑顔になる。

私は転勤族で、地域の祭にかかわったことがない。
それだけに、八重山の祭の朝は新鮮だ。
朝の澄んだ空気に少しの高揚感が漂い、
木々の影などに帰ってきた祖霊がそわそわ潜んでいるような。

午後の演目すべてが終わり、各集落に戻ってゆく行列。
今年も終わるんだなぁ、、、また見れますように、と爽やかな気持ち。

f0182432_2235482.jpg


Wide Angle Rolleiflex

目を閉じると、三線の音が聞こえる。
マイクを持って、演者に寄り添うあの人の姿も。
[PR]

by jazz_houser | 2009-09-03 22:05 | 波照間島 | Comments(6)
2009年 05月 24日
ピヌムトゥ
沖縄から連なる八重山地方では、色々なものに神を見る。
便所の神、なんていうのもあるが、最も大切なのは、
火の神、ヒヌカン(ピナカン)だろう。

島にガスコンロが無かった頃、
女性たちが立つ土間の台所には、薪をくべるかまどがあった。
火は太陽(ティダ)と密接で、信仰の対象となっていった。
皆の身体を創るかまどにはヒヌカンが宿るとされ、
一日の始まり・終わりを祈り、先祖と対話したという。

そのかまどに火をつける、その松明が“ピヌムトゥ”(火の元)ということを知った。

f0182432_1233374.jpg


波照間島から、みんなに元気の元、火をつけよう。
そんな素敵な雑誌があるのだ。
もし八重山に行く機会があったら手に取っていただきたい。
石垣島のあやぱにモール裏、タウンパルやまだでも買えます。
※タウンパルやまだは島随一の書店ですが、おみやげスポットとしてもよいです。
もちろん発行元、波照間島・仲底商店で置いてます。

皆が目をキラキラさせて、元気になる、そんなパワーが最南端の島から発信されている。

f0182432_134211.jpg


Roleiflex 3.5F Planar

目にも心にも火を灯す
[PR]

by jazz_houser | 2009-05-24 01:39 | 波照間島 | Comments(4)
2009年 01月 15日
完全燃焼
波照間島、ムシャーマ。
朝から炎天下の中行われた祭も、最後の行列で各集落に戻ってゆく。
集落の広場で、最後の演目がある。
もう足の皮も擦り剥けただろう・・・

最後の棒術を渾身の力を振り絞って、集落の人に魅せる。
長刀が相手の脚の下を潜り、砂利がカメラに飛びかかる。
掛け合いは本気だ。

f0182432_22521547.jpg


Wide Angle Rolleiflex

最後の立ち合いが終わり、汗が光る。
魂は燃える。


18(日)午後9:00からTBSにて波照間島を舞台にしたドラマ、
「本日も晴れ。異状なし~南の島 駐在所物語~」が始まる。
八重山を舞台にしたドラマでは主要なところだと、
ちゅらさん(小浜)・コトー(与那国)・瑠璃の島(鳩間)があるが、
波照間島初の連ドラだ。
実際の波照間での撮影は1週間ほどで、その他は本島周辺の島や東村で行われるようだが、
全国ネットの連ドラでチラリとでも波照間が見れるのは嬉しい。

坂口憲二はまさにこの写真の駐在さん(玉城さん)を演じることになる。
この駐在さんは、フェリーや高速船が着くときに、港に立つ。
夏場やGW繁忙期に、宿を予約しないで訪れた無謀な旅行者を、
泊まらせてくれるよう宿を回って頼み込んだりと、
ほんとうに温かーい、最南端の駐在さんだ。
※波照間は現在野宿禁止、必ず宿を事前に予約してください

坂口憲二の駐在さん、松下奈緒の波照間小学校教諭、配役はぴったり!
毎週日曜が楽しみだ。

ちなみにこの駐在さん、私と年が1つ違い。。。
やはりウチナンチュは年齢がわからないなぁ(^^;
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-15 22:54 | 波照間島 | Comments(2)
2009年 01月 09日
てぃだぬふぁ
太陽の子。
古来、子供はてぃだ(太陽)から授かると考えられていた。

子供が多いことは、お金があって裕福であることよりも、
家が栄えているとされた。
それは、古き良きヤマトと同じだと思う。

では、その魂はどうだろう。
八重山では祖霊信仰(先祖崇拝)が色濃い。
地域ごとに多少異なるものもあるが、
魂は先祖から受け継ぐものと考えられている。

石垣では、自分の魂の半分は先祖から受け継ぐとか。
歴代の先祖の半分×半分×・・・・
一生の間に、受け継いだ先祖の魂のミックス50%に、
自らの魂の半分を加える。

琉球開闢の地・久高島では、
自分の魂は祖父や祖母から受け継ぐと考えられ、
幼名(わらびなー)はそのおじぃやおばぁと同じ名前をつけたという。
隔世遺伝ではないが、なぜ一つ飛びなのかというと、
一生の間に馴染み深いのが祖父母~孫までの3代であるからと聞くと納得してしまう。

子供が生まれた次の吉日には、てぃだうがみ(太陽拝み)を行った。
日が昇る前に子を胸に抱き庭に出て、東方に向かって座す。
昇ってくる太陽の光を子に拝ませる。
想像してみてほしい・・・とても美しい光景だろう。
アガリ(東)は太陽が昇るから、聖なる方角、
イリ(西)は太陽が没するから、俗なる方角とされた。

波照間島の子供たちも天真爛漫、輝く“てぃだかーぎ”。

f0182432_12502263.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar

ムシャーマは旧盆ど真ん中に行われる。
獅子に食べられて、マジムン(悪霊)を追い払うのだ。

f0182432_12504515.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar

泣きっ面も元気の証、“てぃだ”である。
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-09 12:53 | 波照間島 | Comments(4)
2009年 01月 06日
五風十雨
ムシャーマは、名石集落の広場と公民館で行われる。
昔はこの周辺は緑の水田が広がっていた。
川の無い波照間に水田があったのは驚きである。
おじぃの話では、水の持ちがよい土だったからという。

かつては、
ムシャーマ行列はあぜ道を連なり、
茅葺の旧公民館に向かった。

とても貴重な映像がある。



暑いですねぇ、とソファーに座る。
お母さんから、波照間のモチキビでつくったお神酒をいただいた。
さわやかな酸味が乾いた喉を潤す。
「昔はねぇ、、、」
扇風機で涼みながらありがたい昔話をうかがう。
未婚の女性が、米を清めた口で噛み、発酵させたものを神事に使ったそうだ。

おばぁもおじぃも子供の頃のムシャーマを思い出しているのかな。

f0182432_13113816.jpg


五風十雨の旗がたなびく
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-06 12:58 | 波照間島 | Comments(2)
2009年 01月 05日
波照間島、ムシャーマ。
朝方降り止んだ空は急速に回復して、
行列が始まる頃には、いつもの強烈な日差しを投げかける。

祭の主となる演目、行列や棒術、舞踊に狂言。
ヤマトや中国(アジア)との文化的な共通性を見るのもいい。
ただ、演技で使われる方言は、島特有の古いものなので、
旅行者にはニュアンスしか分からない。

私は祭そのものにももちろん興味があるが、祭に接している人々に眼がゆく。
また、眼には見えない
「ハレ」の日特有の上気した空気、
神事が行われる時の張りつめた空気も。

舞台袖で、出番を待つ。

f0182432_12542634.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar

期待と緊張とが入り混じった空気が私にも入ってくる。
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-05 12:55 | 波照間島 | Comments(5)
2008年 12月 29日
嵐の夜に
ムシャーマ前夜。
降り続く強い雨に、明日の天気を憂う。
こんな夜は、明日の撮影の準備をして、早く布団に入る。

八重山を訪れはじめた頃、
文化や土着的な事について、あえて深く知ろうとは思わなかった。
特に祭については避けるというか、手を着けようとは思わなかった。
やがて八重山に強く惹かれ、もっと深く知りたいと望んだとき、
避けては通れない、体験するしかないと思った。

現地で写真を見せると、なぜか『懐かしい感じがする』と言われることがあった。
同じく帰京しても。
回を重ねるうち、なぜ懐かしいと感じるのかがおぼろげにも分かってきた。

八重山は沖縄とも違う、もちろん本土とも異なる。
訪れる人は、そのエキゾチズムに『日本じゃないよね』なんてふと洩らしてしまう。
しかし、実は相当『日本的』なのだ。
八重山の祭祀には稲作を根にもつものがかなりある。
本土の行事については言う迄もなく。
八重山の信仰は日本の古神道と考え方はとても似ている。。。
素朴だなぁ・・・とよく言うけれど、まさにヤマト(私たち)の素の姿があった。

明日のムシャーマは晴れるだろうかzzz

f0182432_18203059.jpg


Rolleiflex 3.5F Xenotar

起き出して外を見ると、雨が上がっていた。
[PR]

by jazz_houser | 2008-12-29 18:24 | 波照間島 | Comments(0)
2008年 12月 22日
雨宿り
波照間島最大の祭、ムシャーマは旧暦7月13日(旧盆の真ん中:ナカヌビ)に執り行われる。
ムシャーマの2日前の晩、各集落の広場では最後のリハーサルが行われる。
この時のムシャーマは直前に天候が崩れ、ヒヤヒヤしながらの準備だった。

早めの夕飯を食べ、広場に集まる。
少し押して、始まりの挨拶をした後、土砂降りの雨が。
私も急いで木の下に逃げ込み、カメラをTシャツの下に避難させる。
一番大きな木でも十分でなく、撥ね返りで膝下が濡れる。
おばぁと密着雨宿りだ。

島の子供たちは元気である。
雨の中を祭の小道具を手に走り回る。
楽しみながら、島の繁栄を願い、先祖を偲ぶことを知る。

f0182432_16373576.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar & PE28S

ストロボ一閃、好奇心いっぱいの笑顔が光る。

やっと落ち着きを取り戻した時、
雲の切れ間から月が顔を出し、島風が濡れた肌をさらう。
[PR]

by jazz_houser | 2008-12-22 17:34 | 波照間島 | Comments(4)