<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 27日
邂逅
激動の建築の時代、明治-大正-昭和を最前線で生きた人がいる。

大学面接の時のこと。
面接官からの「尊敬する日本の建築家はいますか?」との問いに、
「・・・前川國男です」と答えた。

当時なぜそう答えたかというと、
偶々コルビュジエの「建築をめざして」を読んでおり、
日本人で彼の弟子である前川國男を良く知りもしないのに挙げたのだ。
※20世紀において最も有名な建築家。モダニズム建築の提唱者であり画家でもあった。

その後、建築よりもダンスが大事になり、前川の名前は頭の中から消えていった。
不思議なものだ。
学校に通っている時は、建築史の授業など練習前の貴重な睡眠時間でしかなかった。
卒業し、勉強などしなくてもよくなったのに、写真に絡む廻りあわせから彼の手記を手に入れた。

1940年代いよいよ日本の旗色が悪くなり、
物資が無くなる中で、軍事関係で間に合わせ仕事ばかりの建築界を憂う。
今までの価値観が180度転換した終戦。
事務所も焼け落ち、首都にバラック小屋が並ぶのを見て、
高度に工業化された復興住宅の供給を0から模索する。
※今のプレハブ住宅の元

今までの国内のコンペ(設計競技)の審査方式に不公平性・閉鎖性を訴える。
帝冠様式(鉄筋コンクリート造の官舎に瓦葺の屋根を架けた様式)を愚行と批判した。
建築界を取り巻く旧体質に怒り、建築家のあるべき姿を提唱した。

戦前・戦中・戦後と最前線で、終生問題意識を持ち、社会・人を考えた。
この時代の人に共通する、ほとばしる熱さを感じた。突き動かす激情。
同じように「ホンモノを見極めろ」と岡本太郎も述べていた。

前川の、その人物に感激したのだ。

偶然にもその名前を口にしてから10余年。
写真からスタートして再び前川を知りたくなって、著作を読み、そして八重山に繋がった。
前川が亡くなる直前に設計した、石垣市民会館(1985年)。

俯瞰はこちら

コルビュジエが提唱し、前川が推し進めたモダニズム建築。
それは過去の様式を排除した合理的な建築。
ピロティ、テラス、、、正に近代建築の原則。
※モダニズム自体が「様式」じゃないかという批判もあるが、枝葉末節である。
コンクリートに施された控えめな意匠、
穴明きコンクリートブロックがさりげなく沖縄を感じさせる。

f0182432_12164240.jpg

Wide Angle Rolleiflex
ピロティに渡る廊下、庇を臨む

恐らくこの建物を見て、斬新だ!と思う人はいない。(あくまで意匠として)
なぜなら、前川國男自身がモダニズム建築を日本に根付かせ、住宅にまで一般化させたからだ。
「普通」と感じることは、ある一面では、彼がその昔望んだ水準に達したということなのだろう。

f0182432_12182574.jpg

Wide Angle Rolleiflex
ピロティ、大ホール正面を臨む

石垣島の年中行事「とぅばらーま大会」は、市民会館の前で旧暦8月13日開催される。

晩年の前川は聴いただろうか、その三線の音を。

・・・胸中極まった心情を。
[PR]

by jazz_houser | 2009-11-27 12:21 | 石垣島 | Comments(4)
2009年 11月 24日
リバイバル展 終了
昨年の12月からはや1年が経ちました。
展示している写真を見て、不思議と時間の経過を感じました。
HAIR Bloomでの展示は今日終了しました。
長きに亘り、拙作を展示させていただき、本当にありがとうございました。
美容室にはちょっと異質な被写体もあったかと思いますが、
何かを感じていただけたとしたら本当に嬉しく、
今後前に進む力になると思います。

今後も撮りつづけて、
より深いマブイで皆様と会える日が来るよう、
歩き続けます。

見ていただいたお客様、あたたかいスタッフの皆様、
機会を与えてくださってありがとうございました。

HAIR Bloom 阿佐ヶ谷店
杉並区阿佐谷南3-1-19横川ビル1F
03-5397-1552 最寄駅 JR阿佐谷駅 丸の内線南阿佐ヶ谷駅
JR阿佐ヶ谷駅南口を出て、中杉通りを南阿佐ヶ谷方面に歩くと、
右側に白い外観が現れます。
[PR]

by jazz_houser | 2009-11-24 01:36 | ありがとう | Comments(6)
2009年 11月 11日
蓮実伸郎  写真展 『黒い川』

f0182432_133149.jpg

「黒い川」


黒い川が「今」という時代をごぅごぅと


不気味な音を響かせながら流れてゆく


皆の気づかぬうちに


黒い川に一度でも足下をさらわれたものは 


なすすべもなく ただ永遠に川底でもがき 


喘ぎ続けるのだ


夢も希望も喜びも見いだせぬまま


いや 見いだせぬのではなく


「夢」「希望」「喜び」などというものは


そもそもはじめから存在しないのだ


そんな甘い概念など はじめからどこにも存在しなかったのだ


2009年11月15日(日)~28日(土) ※定休日水曜  蓮実伸郎  写真展 『黒い川』
会場 GALLERY LIMELIGHT
大阪市住吉区帝塚山中4-1-4
阪堺電軌上町線「帝塚山三丁目駅」下車 徒歩約3分

私も必ず行って、自分の二眼に焼き付けるつもりです。
[PR]

by jazz_houser | 2009-11-11 01:06 | 写真展情報 | Comments(14)
2009年 11月 09日
相反
切ないなぁ、、、と沁みてシャッターを押した。

f0182432_23543170.jpg

Rolleiflex3.5F Xenotar

いや、、、そうでもない。

f0182432_2356349.jpg

Rolleiflex3.5F Xenotar

しっかりと、生きている。
[PR]

by jazz_houser | 2009-11-09 23:58 | 鳩間島 | Comments(9)
2009年 11月 03日
まいふにゃ
いつものナンタ浜で水平線に沈む夕日を眺めた。
心静まる時間帯。
宿へと集落を抜ける。

ある店の前を通り過ぎた時、右から視線を感じた。
窓のカーテンの間。。。深窓の令嬢
凛とした三毛猫と私の目が会う。

写真を撮るにはちょっと暗すぎるなぁ。
逡巡をしていると、この店と猫の主が出てきた。

「兄さんどこから来た?」

『東京です』
・・・『綺麗な猫ですね』

「雌だけど賢いさ」
※三毛猫の雄は大変珍しい

聞くと、最初はおてんばな子だったという。
それが昔、山ではぐれてもう諦めかけたころ、
遠く離れた家まで帰ってきたという。

主が言う。

「にぃにぃが写真撮るからここ座れ」

音もなく窓から壁を下り、道路を渡って塀の上へ。

主の前にちょこんと座っている。
これでは後ろ姿しか撮れないな、、、と思っていたら、

「後ろ向け」

f0182432_20485468.jpg


Rolleiflex 3.5F Planar
ジー、チャッ

与那国のまやー、まいふなさー
※与那国の猫、賢いなぁ

ちなみに与那国には舞富名という60度花酒(はなざき)がある。
酒税法上、原料用アルコールという種別になるのだけれど、これがまた旨いのだ。
鼻に近づけるだけで、予感し、飲み干すと消化器官が消毒される。
まさに飲めば賢くなりそうな、与那国ならではの酒。
あまり飲みすぎて、つっかけ片足無くしたりしないように。。。

[PR]

by jazz_houser | 2009-11-03 21:04 | 与那国島 | Comments(6)