<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 28日
闇の粒子
月の無い夜、虫の多さに蚊帳から起き出した。
テレビもないし、携帯も通じない。(当時は)
おじぃとおばぁも寝てしまって話し相手もいない。
半分眠った頭で、三脚にカメラを取り付ける。
木戸をそっと開けて、珊瑚の敷き詰められた庭を忍び足。

しまった!ライトを忘れた。。。
後ろを振り返ると、戻るのも面倒だ。
途端にどこかで心細い気持ちが生まれた。
浜へ抜ける木々のアーチをそろそろと進む。
とろんとした闇が私の周りに存在し、闇を掻き分けている。

ここならいいだろうと思った場所に着いたものの、
暗すぎて構図が決められない。
愚かにも夜空が明るいと無意識に思っていたのだ。
辺りに光といえば星と、対岸の街の瞬きだけ。
・・・露出計もレリーズも忘れてきた。
ここまで来て何もしないのも癪なので、勘で撮った。
10分くらい露光する間、何かが私の足をかすめる。
まったく撮れた気がしない。

私は真の闇を知らなかった。
闇の粒子に包まれていることを知ったとき、恐怖が纏わりついて来る。
蛾のように街灯を求め、次第に早足になる。

f0182432_1111123.jpg
Rolleiflex 3.5F Xenotar

光は闇への畏れなのだ。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-28 01:15 | 新城島 | Comments(6)
2009年 10月 19日
弥勒節
ミルク(弥勒)は遠い海の彼方、ニライカナイから五穀の種と豊穣を齎すと言われている。
波照間島では盆行事ムシャーマの際にミルク行列が行われるが、
他の八重山の島々では豊年祭で登場することが多い。
弥勒というと弥勒菩薩―シッダルダの入滅後56億7千万年後、人々の前に姿を現し、救済する
を連想する。
その顕現は八重山の弥勒信仰、弥勒世と通ずる。

ミルク信仰はその昔、中国やベトナムなどの東南アジアから伝わったとのことだが、
その際に作られた歌がある。

「弥勒節」

大国ぬーミール―クー ばが島にいーもーちー
(大国の弥勒様が我が島にいらっしゃった) 

うかきぶーせーみーしょーりー 島ぬあーるーじー 島ぬあーるーじー
(どうぞお治めください 島の主)

サーンサーン グヤーァー サー (スィ) サー サー・・・

八重山の祭を何度か見たことのある方ならば、必ず聴いたことがあるメロディ。
ゆっくりとした、私にはどこか呪術的な。
波照間の知人は「いつも会の〆に流れる、ヤマトの“蛍の光”みたいなもんさー」と言う。

私は西表の節で幾度も耳にした。
すべてが終わった時、集落全員で無伴奏で歌う。
最後のサーンサーン・・・という節の部分。
女性や男の子、老人、、、皆の声が空気を震わせた。
疲労がすっと消えて、なんともありがたい、幸せな心地。

ミルクのゆっくりとした、優雅な動きをするたびに、
世果報の粒子が皆に振り撒かれているよう。

私の頭の中に「たいぐくーぬー みーるーくー・・・」と流れてくる。


ミルクの向こうにニライカナイが見える。

三線でやっと安里屋ユンタを弾き語りできるようになりました。
次は何にしようかな、、、、
そうだ!弥勒節!と思ったのですが、はたして私にできるかなぁ。
まず歌の音程が高いような(^^;

[PR]

by jazz_houser | 2009-10-19 12:38 | 波照間島 | Comments(8)
2009年 10月 13日
一瞬の輝き
夏の真夜中。
酔っぱらって、寝静まった宿に帰った。
起こさないように、こそこそと布団を敷いて、寝る準備。
はぁーっと長い息を吐いて、、、古い天井を見た。

すると、、、視界を黄緑の発光体がすぅーっと横切る。
目を疑って、急速に、酔いが辺りの空気に発散していく。
暗闇に眼を凝らすと一筋の光が漂っている。
隙間だらけの古民家に蛍が舞うなんて、、、
寝付くまでありがたい気持ちで宙を眺めていた。

宙を行ったり来たりするその光、私は人の魂のように見えるのだ。

八重山で蛍といえば、ヤエヤマヒメボタルという1秒間に2・3回点滅する種が有名だ。
西表島では3~5月、石垣島では4~6月に見られる。

日が落ちて残照も弱くなる頃、たった30分だけ開かれる求婚の宴。

f0182432_11504197.jpg

Rolleiflex3.5F Planar

新たな命のために、光を振り絞る。

切なくも、その光は生。

私が宿で驚いた蛍はオオシママドボタルという通年見られる、光跡も長い種類である。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-13 12:30 | 石垣島 | Comments(4)
2009年 10月 08日
日本写真芸術学会奨励賞
第10回上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテストにて、
日本写真芸術学会奨励賞をいただきました。

上野彦馬という人は坂本竜馬のポートレートを撮った方で、
その名を冠した若手向けのコンテストです。

毎日.jpの記事

今回は八重山関連の写真ではありませんが、モノクロ単写真を応募しました。
タイトルは「木魅」(こだま)です。

◆九州産業大学展 期間:平成21年10月31日~11月15日
場所:九州産業大学美術館(福岡市東区)
◆山口展 期間:平成21年11月17日~11月22日
場所:下関市立美術館(山口県下関市)
◆東京展 期間:平成21年12月5日~12月13日
場所:東京都写真美術館(東京都目黒区)
◆愛媛展 期間:平成21年12月22日~12月27日
場所:愛媛県美術館(愛媛県松山市)
◆鹿児島展 期間:平成22年1月5日~1月11日
場所:鹿児島市立美術館(鹿児島県鹿児島市)
◆沖縄展 期間:平成22年1月19日~1月24日
場所:沖縄パレットくもじ(沖縄県那覇市)
◆大分展 期間:平成22年2月10日~2月14日
場所:アートプラザ(大分県大分市)
◆宮崎展 期間:平成22年2月17日~2月21日
場所:宮崎市民プラザ(宮崎県宮崎市)
◆長崎展 期間:平成22年3月2日~3月7日
場所:長崎ブリックホール(長崎県長崎市)
◆佐賀展 期間:平成22年3月9日~3月14日
場所:佐賀県立美術館(佐賀県佐賀市)
◆熊本展 期間:平成22年3月24日~3月28日
場所:熊本県立美術館分館(熊本県熊本市)
◆福岡展 期間:平成22年3月30日~4月4日
場所:福岡県立美術館(福岡市中央区)
◆広島展 期間:平成22年4月13日~4月18日
場所:アステールプラザ(広島県広島市)
◆兵庫展 期間:平成22年5月中旬頃予定
場所:尼崎市総合文化センター(兵庫県尼崎市)

詳しくはこちら
九州メインですが、西日本・沖縄・東京で沢山の方に見ていただけると嬉しいです。
私も東京都写真美術館へ足を運ぼうと思います。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-08 17:15 | 展示 | Comments(12)
2009年 10月 05日
リバイバル展 10月
HAIR Bloomにて最後となる展示替えをさせていただいた。
去年から約1年間に亘って皆様に見ていただきました。
どうだったでしょうか、楽しんでいただけたでしょうか。

f0182432_21102165.jpg


またいつか、発表をさせていただきたいです。
一年間ありがとうござました。

HAIR Bloom 阿佐ヶ谷店
杉並区阿佐谷南3-1-19横川ビル1F
03-5397-1552 最寄駅 JR阿佐谷駅 丸の内線南阿佐ヶ谷駅
JR阿佐ヶ谷駅南口を出て、中杉通りを南阿佐ヶ谷方面に歩くと、
右側に白い外観が現れます。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-05 21:13 | 展示 | Comments(0)
2009年 10月 02日
光る海に還る
おととい東京に帰ってきました。
初めて八重山、石垣・波照間・石垣から先島、宮古・多良間・宮古・伊良部と徐々に北上した。
波照間では保育所・小中合同運動会に参加し、敬老会を撮影し、
多良間では前日から八月踊りに密着した。
上気した島の雰囲気、マチリを祝う世果報雨。
多良間では波照間の人と再会したり、ドラマがあった。
レンブラントライトの落ちる子供の頬、瞳に宿る光に心奪われた。
フィルムが足りなくなりながらも、存分に撮影したと思う。
今日カラーもベタを取り終わり、モノクロはテスト現像を終えた。

旅人と出会い、島人と交流したり。
あつかましくも写真を撮らせてもらったり、それを贈る約束をして乾杯したり。
色々なことがありました。
撮影の内容も多岐に渡り、今思えば反省する点もあったかと思いますが、
状況に応じて、自分なりに間違いなく写したつもりです。
出来事すべてにありがとうございました。

両足は白い砂に埋めて、足を浚う波にびくとも動かない。
シェイクハンドでカメラを構えて、シャッターを切る。
そういう風でありたい。

f0182432_23443287.jpg


Wide Angle Rolleiflex


私は進もう、光る海の彼方へ。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-02 00:02 | 石垣島 | Comments(16)