<   2008年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 29日
対岸
西表島の南岸、南風見田(ハエミダ)の浜。
キャンプ場があるが、車かバイクを借りないと不便なため、訪れる人も少ない。
対岸に波照間島を望む。
目を凝らすと、製糖工場かセメント工場の塔が見える。

f0182432_21393855.jpg

※逆にニシ浜から西表島が見える。
11/17の日記写真の右上


私はいつもニシ浜からここを眺めていた。

波照間小学校の前の壁には「星になった子供たち」という詩が書かれている。
戦時中、日本軍のある兵士の命令によって、
全島民がここ、南風見に強制移住させられた。
マラリアによって一人、また一人と倒れていく中、
対岸の故郷を見ながら、自身に迫る死を感じたのだろう。
結果島民の1/3が犠牲となったそうだ。

八重山に通い始めた頃、あまり民族的なことや歴史について知ろうとは思わなかった。
表層のみをつらつらーっとでいい、もしかしたらどこかでそう思っていたかもしれない。
何でもいいから八重山を知りたい、もっと根っこの部分も知りたい、そう思い始めたのは、
表層だけを攫って撮ること・結果に行き詰ったのと時を同じくする。

ヤマトの人間が沖縄戦や基地問題について語る時は専ら、
ぬくぬくした環境で自称評論家がお互いの肌を撫で合うような感覚、
語ることで自らに酔う感覚・・・そんな文章を読んだことがある。
的確かつ痛いと思った。

私はこの場所に立って、同じように波照間を見て、ただ想像する。
生まれるはるか前、63年前のことを。

f0182432_2236424.jpg


波照間国民学校の識名先生が書いた言葉、
「忘勿石 ハテルマ シキナ」と共に犠牲となった人の名前は
今日も波照間を見つめている。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-29 22:53 | 西表島 | Comments(4)
2008年 11月 28日
中心
八重山の行政区分には石垣市・竹富町・与那国町の3つがある。
石垣市に48,000人、竹富町に4,000人、与那国町に2,000人の人が住んでいる。
実際は住民票を移さない人も多いので、石垣市の人口は統計よりも5・6千人多いそうだ。

石垣市は一島一市、与那国町も一島一町。
しかし竹富町は七島一町。
この区分は大正時代の竹富村を引き継いでいるが、
現在の竹富町役場は石垣市美崎町にある。
石垣島に行政も人も一極集中する。

西石礁湖に浮かぶハート型の黒島には200人が暮らす。
今ではひっそりとした集落を歩く。
珊瑚質の道の両側には、おなじみの石灰岩を積んだ石垣が連なる。

八重山ではコンクリート製陸屋根の家が多くなった。
伝統的な家屋の外見的特徴は、石垣が敷地を囲み、
正面にはヒンプン(魔除け・目隠し用の壁)、寄棟の赤瓦といったところ。

島一番の集落、東筋(あがりすじ※)。
なんとなく右に折れて、細い筋に入ってみる。
おっ・・・すっと背筋を伸ばしてしゃがみ込む。
スリムな主が視線を逸らさずこちらに向かってくる。

f0182432_13315968.jpg

Wide Angle Rolleiflex

野性的な顔立ちの曲った尻尾の先には、
引き払われて石垣だけになった街景が広がる。

※八重山では太陽が昇る東を“アガリ”、沈む西を“イリ”と呼ぶ
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-28 13:43 | 黒島 | Comments(4)
2008年 11月 26日
個展準備5
もうすぐ師走。
個展まであと3か月。

<DM>
ついに1000枚刷りあがった。
事務局からは「暗部の再現は期待しないで・・・」と言われていたが、
気になるほどでもなく、色も問題無い。
紙自体が違うのに、ここまで仕上げてくれてありがとう。
写真と文字を区切る黄色いラインがいい。
置いてもらうのはこれからぼちぼち進めるが、
忘れられてしまう恐れがあるので、発送する時期は大事だろう。

f0182432_19114782.jpg


<展示方法>
色々な写真展を見てきて、自分が気になるのが、“反射”だった。
レンタルフレームやギャラリー備え付けの額を使用して額装することも考えたが、
どうもガラスの反射でプリントが見づらくなるのが気になっていた。
“自分の眼の位置と作品(と照明)の角度を探って、反射の無い方向から見る”というのはどうも・・・

じゃあパネル貼りだ!ということで、
アルポリック(アルミ複合版)貼を検討したが、どうしてもコスト的に難しい。
次に安価なゲータフォーム(硬質発泡ボード)貼を考えた。
断面が黒なのが良い点なのだが、板厚が5㎜と厚い。
ゲータフォームは材料を仕入れて、自分で加工することも考えたが、
コストと質と時間を考えると、プロにお願いする方がいいと判断した。

本日、ディスプレイ会社で現物を見て相談した結果、
アルポリックとほぼ同一で安価な、アルミ複合版を使う方法に決定した。
断面が白色なのが気になる(細かい?)が、
作品サイズにカット後、自分で断面を塗装してもいい。

手直しの時間も見て、

プリント製作(最終点数決定)&パネル切り出し→断面塗装  →貼り付け&下駄取付→ニコンサロンへ搬入
       自分(1月下旬迄)&業者       自分(2/1迄)    業者(2/9)     (2/23迄)

といったスケジュールかな。
〆が決まるといよいよ焦ってくる。

<プレ個展>
何年も髪を切ってもらっている美容室で、
『個展の前にちょっと展示したら?』
と言っていただいたので、12月くらいから展示できるように考えている。
慣れ親しんだ好きな場所なので嬉しい。
さすがに美容室なので、あまり重めな写真は控えよう。
プリントは10枚弱、今までのテストプリントを使用する。

<プリント製作>
まだまだ手がつかない。
小ネタだが、大きな刷毛と手袋、ブロアーを新調した。

f0182432_19141697.jpg


さすがにそわそわしてくる。
刷毛の写真を撮っている場合じゃない(^^;
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-26 19:30 | 個展準備 | Comments(2)
2008年 11月 24日
懐かしい
小浜島の比嘉荘、そこは感性の女将がいる宿。

食堂に入って何気なくテーブルの上を見ると、
え!?!?なんでこんなところに『太陽の鉛筆 東松照明』が!!!!
かぶりついて聞くと、女将が若い頃に那覇で東松さんから買ったとか。
でも、カバーかけたほうがいいですよ(^^;
一気に親密に、アートなお話へ。
星空の下、焚き火を囲んで飲んだっけ。

女将に私の撮った写真を見せると、
『なんか懐かしいねぇ、まるで私の若い頃の八重山みたい』
自分ではそんな意図もなく撮っているのだけど、
なぜそう感じるんだろう。
その時は分からなかった。

f0182432_23451695.jpg

Wide Angle Rolleiflex

小浜小中学校、
こんなに目立つ目印じゃぁ・・・
でも絶対忘れないけどね。


比嘉荘はご飯がとってもおいしい・・・とてもチャーミングな女将のいる愛の宿です。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-24 23:47 | 小浜島 | Comments(0)
2008年 11月 23日
直線
離島を歩く。
ちょっと集落から離れれば、人工物がない世界が広がる。
たまに視界に飛び込んでくるのは、廃車だったりする。

処理施設が島には無いため、石垣島まで船で運ぶというのは、とても大変だろう。
石垣島のスーパーで買い物すると、わりと安価に指定の離島行きの船に乗せてくれる。
よくチラシで『※離島は除く』と書いてあるのを見て、大変だなぁと思っていたら
今時の人たちは、1500円以上国内配送無料!のAmazonを利用するらしい。

鳩間島は数年前まで、道路はすべて未舗装だった。
今ではメインストリートは舗装されている。
てぼてぼと島一周の道を左廻りに歩く。
野山羊が私に気づいてガサガサーっと逃げてゆく。
すると、銀色に輝く骨組が見えてきた。

f0182432_17292245.jpg

Rolleiflex 3.5F Xenotar

自然は直線を好まない

そんなフレーズを思い出した。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-23 17:34 | 鳩間島 | Comments(2)
2008年 11月 22日
アンガマ
八重山の旧盆、
後生(グソー)から先祖が戻ってくる。

旧盆に合わせて訪れるのはとても楽しいもの。
ウークイの3日間、八重山の各地ではアンガマが行われる。
日程は 『8/17 19:00~ 石垣市大川×-×-× 宮良○○宅』 のように
八重山毎日新聞に事前に掲載されるので、見ていくといい。

ウシュマイ(おじぃ)とンミー(おばぁ)が観客と珍問答をしながら
ファーマー(グソーの子孫たち)を引き連れて、家々を廻る。

観客:ウシュマイとンミーはどうやってグソーからくるの?
ンミー:ANAに決まってるさー

なんて感じだが、基本的に裏声の方言なので、
難しい話になると、観光客は推測するしかない。
そんな珍問答と唄と踊りで練り歩く。

およそ湿っぽいというか、あの世の先祖を偲ぶという感じではなく、
底なしに明るい、まるでお祭りだ。

八重山の人たちにとって先祖崇拝という考え方は大変重要だ。
自分の親がグソーに行く。
トートーメ(仏壇)にある位牌は33年経つと、正面から右側の位置に移動する。
それは、死者から神になるということ。
先祖は神になり、家や子孫を守ってくれるのだ。

子供の頃からグソーに触れる。
あの世というのを知らず知らず、身近に感じているのではないか。
・・・旧盆にはトートーメの前にご馳走が並んで、楽しいな。
おじいが戻ってくるんだな・・・なんて。

f0182432_1263733.jpg

ワードローライ&PE-28S

うん、それでも
あの格好のファーマーたちに街角で出会ったら、
びっくりするよね。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-22 01:31 | 石垣島 | Comments(0)
2008年 11月 20日
気配
あれほど強烈だった太陽もすっかり隠れ、残照も消えてゆく。
闇があちこちから滲み出してきて、小さな島はすっかり夜の帳に包まれる。

新城島にはもちろん電灯も少ない。
闇がすぐそこにある。

視覚が奪われると、他の五感、
とりわけ聴覚の感度が上がる。

ミャー・・・ミャー・・・
猫??と聞くと孔雀だという。

バサ^バサ^バサ 
あれは・・・ヤエヤマオオコウモリ
羽根を広げると本当に巨鳥だ。

頭を洗っていたら、シャンプーの裏に何かの気配を感じる。
・・・サソリだ。
動揺を抑えきれずに、風呂桶で1匹仕留める。
※このときは毒が弱いことを知らなかった

新城島で迎える初めての夜。
初めて蚊帳で就寝。
記念に撮っておこうか。

f0182432_18205159.jpg


三脚を立て、ケーブルレリーズを取り付ける。
露出と相反則不軌の計算をして、時計を見てレリーズ。
・・・じっくりとフィルムに光が蓄積されたはず。
あれ!?
シャッターの閉じた音がしない。
えぇっ!?
以降数日間ワイドローライはただの鉄の塊となった。

忘れられない新城の初夜。
夜中にガサガサうるさい!と起きて、
庭を見ると・・・オカヤドカリの大群が。
眠れない夜が更けてゆく。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-20 18:29 | 新城島 | Comments(2)
2008年 11月 18日
無常
形あるものは必ず滅ぶ・・・
八重山はそれが早い。

それは塩のせいである。

台風によって周辺の海水が捲き上げられ、
小さい島では天から降り灌ぐという。

エアコンの室外機、車、、、
人の知らないうちに表面を侵し、
発錆して瞬く間に朽ちはじめる。

f0182432_17114782.jpg

Wide Angle Rolleiflex

鉄は溶けて崩れ、石灰質の大地に滲み込む。
与那国島の高台で、コンテナはもう姿を消した。

毎年木々は赤茶に立ち枯れる。
それでも草木はまた、黒光りする葉を茂らせる。
人もまた、島で生きている。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-18 17:22 | 与那国島 | Comments(7)
2008年 11月 17日
楽土
ニシ浜、訪れる者皆が普通ではいられない。

感嘆が漏れる・・・
身動きが取れない・・・
はたまた抑え切れずに走りだす・・・

f0182432_043078.jpg

Rolleiflex 3.5F Xenotar

思考は昇天してしまう。
私はいき過ぎて、切なくなる。
素晴らしく綺麗なものは、この世のものではない気がする。
単なる形容ではなく。

楽土、
パイパティローマ、
この島からくり舟で漕ぎだせば、
本当にあるのではないか、そう思うのだ。

めいめいが
ニシ浜という楽土の際で
魂を震わせる

※パイパティローマ(南波照間)・・・伝説であり、希望でもあった。
波照間島より南に在る島、“楽土”に強い憧れがあった。
明治時代、沖縄県知事から当時の海軍省に南島(南波照間)探索の進言があったほど。
詳しくはまたの機会に。

[PR]

by jazz_houser | 2008-11-17 00:43 | 波照間島 | Comments(4)
2008年 11月 14日
個展準備4
突然の出来事にバタバタと作業をして、昨日やっと落ち着いた。
こちらを見に来ていただいている方に、近々発表できると思います。
楽しみに待っていてください。

<DM作成>
版下が上がり、最終チェックしOKを出した。
今月中に1000枚手元に来る予定。
東京・大阪だと600枚程度は会場にて頒布してしまうだろう。

f0182432_15534767.jpg


やはりポストカードに2枚写真を載せると、写真がとても小さくなる。
以前アドバイスいただいたデザイナーさんと事務局の意見も一致していた。
優柔不断なので、今となってみれば1枚でよかったのだと思う(そう思い込もう!)。
思えば色々な方の手を経て、個展まで辿り着くのだなぁ。。。感謝です。
DMで内容を表すのは難しい・・・
その点はNEWSにてカバーできるのでは。
以前自分で作ったデザインは、掲示してもらえる所に配ろう。
一人でも多くの人に個展を見に来てもらって、
良い!とかイマイチ・・・とか直接反応をいただきたい。

<プリント製作>
オーダーした紙が4日くらいで届いた。
この速さであれば焼き直ししたい場合も2週間前にオーダーすれば個展に間に合うかも。
それは極力したくないが。
100%コットンペーパーは紙粉がすごいため、製図用の刷毛を使用している。
今までより大きいプリントとなるため、効率優先、大きめの刷毛を世界堂に探しに行こう。
そろそろ適当な失敗プリントを持ち込んで、試作してもらわなければ。
プリント面に傷がつかないかどうかが不安なので、試すしかない。
この調子だと12月・1月と2か月でプリントを作り上げなければならない。
年末年始は八重山で・・・なんて到底できないな、
部屋に引きこもることになるだろう(^^;
だんだん焦ってきた!

<英語タイトル>
「Daily life believing in reincarnation, Yaeyama Islands」
に決まりそうです。
Daily lifeっていうのがいいと思う。
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-14 16:17 | 個展準備 | Comments(8)