カテゴリ:新城島( 19 )

2009年 10月 28日
闇の粒子
月の無い夜、虫の多さに蚊帳から起き出した。
テレビもないし、携帯も通じない。(当時は)
おじぃとおばぁも寝てしまって話し相手もいない。
半分眠った頭で、三脚にカメラを取り付ける。
木戸をそっと開けて、珊瑚の敷き詰められた庭を忍び足。

しまった!ライトを忘れた。。。
後ろを振り返ると、戻るのも面倒だ。
途端にどこかで心細い気持ちが生まれた。
浜へ抜ける木々のアーチをそろそろと進む。
とろんとした闇が私の周りに存在し、闇を掻き分けている。

ここならいいだろうと思った場所に着いたものの、
暗すぎて構図が決められない。
愚かにも夜空が明るいと無意識に思っていたのだ。
辺りに光といえば星と、対岸の街の瞬きだけ。
・・・露出計もレリーズも忘れてきた。
ここまで来て何もしないのも癪なので、勘で撮った。
10分くらい露光する間、何かが私の足をかすめる。
まったく撮れた気がしない。

私は真の闇を知らなかった。
闇の粒子に包まれていることを知ったとき、恐怖が纏わりついて来る。
蛾のように街灯を求め、次第に早足になる。

f0182432_1111123.jpg
Rolleiflex 3.5F Xenotar

光は闇への畏れなのだ。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-28 01:15 | 新城島 | Comments(6)
2009年 07月 07日
異界へ
旅は異界へと向かうことだろう。
異界とは単純に見知らぬ土地ということだけではなく、
自分の生活圏以外の場所も含まれる。
そこに住み始めて日常となるなら、異界ではなくなるのかもしれない。

琉球の昔、外洋が異界であり、
異界とは信仰上、後生(彼の世)である。
簡単には手が届かない、人知の及ばない領域。

人の魂(マブイ)は海の遥か彼方にあるとされるニライカナイ、後生へ行くとされた。
でもなぜそこから此の世に帰ってくるとされたのだろうか。
昔話で村の外れの井戸が後生の入り口、とどこかで読んだ。
電気煌々とついた真の闇のない都会では、後生なんて発想は生まれない。

十六日祭では、彼の世の正月を墓で祝う。
彼の世はすぐ手の届きそうなところにあったりするのだ。
此の世と彼の世は反対のようで、なぜか近しい。

意外と既視感があったりすることを思うと、
私のマブイはどこかで見ていたのかもしれない。

f0182432_0281012.jpg


Rolleiflex 3.5F Xenotar

私は此岸と彼岸を行ったり来たりする

肉体は生きたままで
[PR]

by jazz_houser | 2009-07-07 00:30 | 新城島 | Comments(2)
2009年 06月 05日
蝶の舞う門を通り、海に出た。
寄せる波が泡になり、砂に沁み込む。
今は穏やかな海。

遠くに波間に揺れるものがある。

f0182432_1284451.jpg

Wide Angle Rolleiflex

消えては生まれ、生まれては消える命。
周りの想いとは遠いところで、その廻りは続く。
その廻りを回すのは何なのだろう。
分からない。

この生は何のためにあるか、何をやるべきか、
などと考えるのはすべての生き物の中で人間だけだ。

思惟も廻り、、、

砂の上に座る。
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-05 12:09 | 新城島 | Comments(4)
2009年 06月 04日
ゆるやかに蝶は誘う
島を抜ける道をまだ進む。
下半身に種子がすがりついてくる。
そのうち海に出るだろう。
人の生活圏である集落、此岸から海へ。

海は彼岸と接する。
生活を支える珊瑚礁、イーノー(海畑)が島を囲む。
やがて7-8mドロップオフして、深い青が沖に広がる。
人知を超えた外洋、彼岸へ。

そういえば朝おじぃに挨拶してから、声を発していないことに気づく。
そんなことを考えながら、蝶が次々に合流する。

ここは楽土の入口か

f0182432_19213275.jpg

Wide Angle Rolleiflex&PE-28S

此岸と彼岸の接する場所

ゆるやかに蝶は誘う
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-04 19:23 | 新城島 | Comments(4)
2009年 06月 03日
影へ誘う
島を抜ける道。
蜘蛛の巣を顔に受けながら蝶と歩く。
鞄を下ろして、水を飲む。
喉を水が通る音。
それが消えると、森の音しかしない。
どれも生き物の出す音だ。

しゃがんでみる。
と、いつからか無音になった。

濃い緑の間から、光が降り注ぐ。
それでできる影。
無数の生き物に包まれて、死の香りを嗅ぐ。

f0182432_23522517.jpg


Wide Angle Rolleiflex

また厚みのある生き物たちの音が、耳に戻ってきた。
[PR]

by jazz_houser | 2009-06-03 23:56 | 新城島 | Comments(2)
2009年 05月 30日
静謐を破る
夜半の雨が止んで、しん、とした集落。
草を踏む足が露で濡れる。
いつもの静まり返った空気がより一層沈降する。

はっきりと終わりを感じながら、自分からは触れない。
一人じっと中へ中へ。

f0182432_10265046.jpg

Rolleiflex 3.5F Planar

羽音が私を呼び戻す。

新城の空気を肺にゆっくり満たしたなら、
肺胞から芽が出て、
身体を養分にガジマルが繁る。
そんな気がした。
[PR]

by jazz_houser | 2009-05-30 10:31 | 新城島 | Comments(4)
2009年 05月 15日
隣り合う
誰もいない、誰も来ない浜をゆく。
影が長くなった。日がだいぶ傾いてきた。
すぐ向こうに下地島が見える。

新城島の上地―下地間は、干潮時には歩いて渡ることも可能だが、
帰りには潮が満ちてくるだろうからお勧めできない。
潮の満ちるスピードは想像するよりも早いから。

砂浜に座って下地のサイロを眺める。
辺りには、世界中から届いた贈り物が散らばる。
ペットボトル、洗濯ばさみ、注射器、、、
書いてある文字は中国語・ハングル・英語、もちろん日本語もある。
でも砂浜はとても綺麗で、さわさわ手のひらで白砂を撫でてみる。
誰もいない、来ない浜は拾う人もいないんだもの。

ふっと立ってバッグを担いだ。
視線の先のサンゴの間、もう一つ贈り物を見つけた。

f0182432_18483345.jpg

Wide Angle Rolleiflex

波で運ばれた自然からの贈り物。
台湾から?それともはるかインドネシアからか。
長旅の末、やっと芽を出した。

すっと心に浮かんだ。

今新しい命が生まれた

その瞬間に死が約束された

きっともうすぐ訪れる

誰も来ない砂浜で
[PR]

by jazz_houser | 2009-05-15 18:49 | 新城島 | Comments(4)
2009年 03月 31日
岩礁地帯
八重山諸島、独特の植物が繁茂する。

海岸を歩き、昔の珊瑚が固まって削られた岩礁を見渡すと、
そこここに緑の斑点の集まりが見られる。

ミズガンピだ。
多肉のような少し厚ぼったい小さな葉を持つ。
夏には小さくかわいい白い花を咲かせ、その後に実が残る。
実はやがてはじけ、周囲の岩礁にじわりじわりと子孫を食い込ませてゆく。
思い出せば与那国島、鳩間島、新城島、波照間島で見たことがあるから、
八重山全域に分布しているのだろう。

ハマシタンという別名は、浜に生え、紫檀のように硬質な木質を持つからだと思う。
ミズガンピは宮古島では、漁師の木と言われ、この木があると火事にならないらしい。
そのためか、樹姿が蛇のようにくねって趣があるからか分からないが、
沖縄では庭木・特に盆栽として人気がある。
野生では土も全く無い岩盤に、塩水しかない過酷な環境で、じっくりじっくり育つのだ。

ビーチコーミングしていると、流木として波に洗われた破片が落ちている。
それを綺麗に磨いて、ペンダントトップにしていたな。
もしミズガンピの繁茂する岩礁をビーチサンダルで踏み込んだり、ふと手をついたら、
皮膚は剥け、血が滲むだろう。

f0182432_23272846.jpg

Rolleiflex 3.5F Xenotar

硬い岩に食い込んで離れない。
小枝でさえも硬く針金のように撓る、まさに岩の鎖帷子。
[PR]

by jazz_houser | 2009-03-31 23:30 | 新城島 | Comments(2)
2009年 02月 04日
いたずら
新城島の海岸は自然そのものである。
たまにシュノーケルツアーで来た観光客を見たりするが、
どこまでも続く砂浜に、私ひとり。

灼熱の白の世界を彷徨うと、現実感が消失する。
ふと飛び込むそれ以外の色に目が覚める。

カラフルな魚網を絡めるのは波。
砂に装飾を施すのはヤドカリ。

f0182432_16501649.jpg

Wide Angle Rolleiflex

自然のいたずら
[PR]

by jazz_houser | 2009-02-04 17:17 | 新城島 | Comments(0)
2009年 01月 27日
まちぼうけ
思えば、初めての新城島は波瀾万丈だった。
石垣→西表・大原経由→新城島というルートで上陸した。
定期航路ではないが、島民が安栄観光に連絡すると、
便は選べないが乗せてくれる。
普通一人よりも数人集まった方がよい、けれど私は一人。
帰りはすんなり石垣直行、のはずだった。

おばぁに別れを告げ、ちょっとしんみりしながらおじぃと桟橋に向かう。
サソリやらカメラの故障も、今となってはよい旅のエッセンスかもしれないな・・・
昨晩は二人飲み過ぎて、「東京に電話しろ、歌を聴かせる!受話器こっち向けろ」
なんて大騒ぎしてたらおばぁに怒られた。
夜中に本気で唄うんだもの。

今夜は久しぶりにビールを飲んで、
石垣で味の濃いものを食べようかと思っていた。

木陰でおじぃと船を待つ。
おじぃもこの濃密な四日間で撮られ慣れてきたらしい。
「あれだ、大原から船が出た」
対岸の港から白波を立てて向かってくる。

f0182432_13385243.jpg

Wide Angle Rolleiflex

「あのブイのあたりで曲るさ。」
船影がどんどん大きくなる。
新城島の近海を右に滑ってゆく。
・・・
曲らない。
「行っちゃったよ・・・」

前日に連絡してもらっていたのに、見事に見捨てられた。
さてどうしたものか、、、今日は郵便船も来ない。
おじぃはもう一泊してけと言うが、明日は一便で波照間に行かなければならない。

石垣や黒島からいくつかの業者がシュノーケルツアーを行っている。
頼み込んで、黒島まで片道載せてもらうことになった。
「シュノーケルツアーだから、泳ぐのに付き合ってもらうぞ、道具はないけど」
まぁ、こういうアクシデントもいい。

蒸した狭い船内で、海パンに着替える。
体一つ碧い碧い海に飛び込む。
ほぼ生まれたままの形で、海に抱かれる。
黒島沖のサンゴ礁は言葉では言い表せない。
細胞が生き返る海。

新城島はちょっと気合を入れないと行けない島だ。
その後は船に忘れられてはいない。
行ったすぐ後は濃密すぎておなかいっぱい、と思うのだけど、
しばらくするとまた二人に会いたくなる。
もう半年会っていない。
また顔見に行こう。
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-27 12:40 | 新城島 | Comments(4)