カテゴリ:写真集『マブイ 魂は廻る』( 19 )

2014年 06月 21日
マブイのできるまで(印刷立会い)
京都の印刷所、サンエムカラーさんに印刷立会いに行ってきました。
通常、写真集の印刷がどのように行われていくのか、
私も初めてでしたし、普通は知らないと思いますので、
社会科見学風にお送りしたいと思います。

整理整頓された工場の中には、巨大な印刷機がありました。
ハイデルベルグ社のスピードマスターという機械、いや、設備です。
いかにも、、で萌えますね(笑)
f0182432_22152985.jpg


紙をセットし、色だしのために印刷すると、
いくつもの吸盤がエアーでつかんで、印刷機の中に給紙していきます。
回転数が上がっていくと、こちらのテンションも上がっていきます。
f0182432_22171049.jpg


この印刷機はLEDでUV硬化させるタイプのインクを使用して、刷っていきます。
最速では1万ページ/時間くらいの早さだそう。
f0182432_22191433.jpg


校正した見本と、見比べながら、今の結果がどうか評価します。
測色機で濃度のチェックを頻繁に行います。
ここが私と編集者の出番です。
もうちょっと暗部を落として、、とかスミの濃度を上げて。。。とか。
すべての写真について、ダメ出し・OKしていきます。
f0182432_22215774.jpg


今回の“版”は印画紙やフイルムでメジャーな、AGFAのものを使用しています。
ちなみにフジのものもあるそうですが、こういう写真にはAGFAだ、とか
プリンティングディレクターが長年の経験で判断しているそう。
f0182432_22225641.jpg


こちらは刷り上った中表紙です。
グレースケールは、測色するためのものです。
f0182432_22252521.jpg


チェック・調整・OK・本番刷りが1クールで、進みます。
f0182432_22263520.jpg


この辺りが熟練の職人技なのでしょう。
印刷機のどの部分にどのインクを盛るかで調子がだいぶ変わってきます。
今回はトリプルトーンという、複雑な仕組みで写真を表現するため、
どれが多い・少ないのバランスが結果に表れます。
f0182432_22271791.jpg


1泊2日で、1200部の全ページを刷り上げました。
サンエムカラーのエンジニアの皆様、PDさん、技術営業さんの力で、
とてもスムーズに、そして、立ち会うことでより良いプリントに仕上がりました。
効率化とクオリティ、さすが、アート分野で今一番乗っている印刷所です。
会心の出来!ありがとうございました!
f0182432_2229752.jpg


最後にサンエムさんの本社展示室で、
著名な本・豪華本などを見て、私も頑張るぞ、、、と心に刻みました。
そして、南禅寺にて、『増刷祈願』をして、京都・印刷立会い完了です。
すべての印刷物は製本工程へ進みました。
f0182432_22333717.jpg


こんなにも多くの工程・人の手を経て、出来るものなんだな。
そして、その過程で皆、ベストを尽くしています。
「マブイのできるまで」いかがでしたでしょうか?

写真集『マブイ 魂は廻る』、
窓社より7月20日 3024円(税込)、、
全国書店にて発売!


よろしくおねがいします!!!
[PR]

by jazz_houser | 2014-06-21 22:45 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(4)
2014年 06月 18日
いざ、京へ!
f0182432_9294824.jpg

今、京都に向かっています。
大きな印刷機の前で、一枚一枚、OKを出してゆく作業です。
泊まりがけで。

八重山に通って9年。
それを一冊の写真集にまとめるところまできました。
八重山と共に成長?した、大切な期間。
思えば、自分はとにかくカメラを持って島を歩き、
思索し、人と話す、だけ。
初個展から始まり、、、、今回の出版と、
いつも周囲の、近くで支えてくれる人たちの力で
いつの間にかこんな瞬間まで来ました。

処女作、というのは特別なものだと思います。
歌手にしても、写真家にしても。
一番活きのよい時期。
もう、次はない!くらいに賭けた一冊で、これから世に問う。

サンエムカラーさんは応えてくれるでしょう!
いざ、京の都へ!
[PR]

by jazz_houser | 2014-06-18 09:48 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(2)
2014年 06月 14日
束見本とカバー/ISBNナンバー
束見本。
無知な私は“たばみほん”だと思ってしまいました。。。
“つかみほん”が正しいです。
実際に使用される表紙や用紙を使い製本した見本です。
中身が印刷されていないだけの実際の本です。

f0182432_23222331.jpg


カバーができてきました!
束見本にかぶせると、本物のようですね。
いかがでしょうか??
私はとても気に入っています。
「マブイ」の黄~橙はどうでしょう。

そしてISBNナンバー、国際標準図書番号も決定しました。

ISBN978-4-89625-127-2
※ちなみにまだ検索でHITしませんので。。。

海の向こうの取材先でも、『お前の本はどこで買えるんだ?』と聞かれても、
歯切れの悪い答えしかできませんでしたから。

・・・いよいよです!
[PR]

by jazz_houser | 2014-06-14 23:32 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(2)
2014年 06月 06日
写真集『マブイ』初校!
いよいよ写真集『マブイ』初校があがってきました。
印刷を手がけるのは、京都のサンエムカラー社です。
サンエムカラー社は巨匠から最近の新進気鋭の作家まで、
数多くの写真家の写真集の印刷を行っていて、
日本屈指の技術力で写真家の無理難題を叶えてらっしゃるとか。
東松照明の最近の写真集も印刷はサンエムさんですね。

印刷というと、どこか諦めなければならない、という気持ちがありました。
雑誌は言わずもがな。
サンエムさんの印刷は裏切りました。
この写真集は、オリジナルの見本ではなく、1ページづつが1つの作品と言えます。
私もそれなりに写真集を集め、見てきましたが。。。失礼しました。

f0182432_19224984.jpg


私の写真集は2種類のグレーと、1種類のスミ、3色で刷ったトリプルトーンです。
グレーも無彩色ではありません。色づいています。
前回インクと紙を決めた刷りを見たときもそうでしたが、
初校で素晴らしい上がりに驚愕です。やはり紙とインクの選択は合っていました。
理想を追い求める気持ちで、初校に赤を入れました。

f0182432_19314053.jpg


束見本。本の実寸仕上がりはこうなります。
東松さんの光る風と比べると、横幅はほぼ同じ。
写真をしっかり堪能できるサイズです。

こんなこと言うと、怒られちゃうかな(^^;
このクオリティで、、、この価格!?

次回は京都、サンエムカラーさんにて印刷立会いです。
いよいよです!!
[PR]

by jazz_houser | 2014-06-06 19:39 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(4)
2014年 05月 26日
入稿間近!
前日までプリント焼き直しをしてしまいました。
明日、最終チェック後、入稿となります。

f0182432_23241711.jpg


英文に多くチェックが入りました。
ご協力いただいた関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

シカイトゥ ニィファイユー

いよいよ明日、実際に写真集に使われる用紙とインクの組み合わせが決定します!
[PR]

by jazz_houser | 2014-05-26 23:25 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(0)
2014年 05月 22日
『マブイ』最新情報
オールモノクロ!
写真点数厳選32枚!!
トリプルトーン、高品位モノクロ印刷!!!
約26センチ角、ハードカバー上製本!!!!
定価2800円税抜!!!!!
全国書店にて7/20前後発売!!!!!!

かつてない表現になっていると信じています。
逆に、自分がそう思わないのであれば、
出版する意味はないと思っています。
純化した私の『マブイ』を見てください。
いよいよ、もうすぐです。
[PR]

by jazz_houser | 2014-05-22 23:41 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(6)
2014年 05月 12日
プリント完成
本日プリントを完成し、出版社に持ち込みました。
前回の展示から5年半。
その間に特に機材は変わっていないのですが、プリントは変わった。
昨日はこのまま展示したい思いに駆られました。
それがどれほど写真集に反映されるのか、期待しています。

作品要旨の英訳をしました。
それを、英語に堪能な方に協力していただき、来週には完成させます。
その頃には、印刷会社も決定していると思います。
静かにワクワクします。

ちょっと押していますが、出版は7月中旬。
せっかくなので、限定デラックスエディションも考えています。
お楽しみに!!
[PR]

by jazz_houser | 2014-05-12 20:46 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(4)
2014年 04月 25日
オリジナルプリント
このところ、朝方までプリントをしています。
写真集のプリントです。
五年前の写真展の時も、これだ!というところまで
追い込んだはずですが、五年という月日か、
その間の成長か、まだ先がありました。
写真集の素晴らしい刷り上がりを夢見て、
身体は折れそうになりながらも、まだまだぁ!と
奮い立たせています。
写真展に甘えがある訳では決してないけれど、
書籍として残るのは重いものですね。

同じ、窓社から出版されている
渡邊博史『私は毎日、天使を見ている』
の印刷の美しさ(渡邊さんのプリントが素晴らしいのですが)に
自分も、これだ!というものを創ります。
あと二ヶ月、楽しみにしていてください。
[PR]

by jazz_houser | 2014-04-25 00:06 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(4)
2014年 04月 15日
写真集『マブイ 魂は廻る』

ついに。。。

 

 

 

 

矢口清貴写真集

 
マブイ

 
魂は廻る

 

 

窓社より2014年6月末~7月上旬に出版予定

ハードカバー・大型本(予定)

2005年~2014年、9年間の集大成です。

沖縄・八重山を舞台にした、かつてない、尖がった写真集にします。

本をつくる、こんな世界が待っているとは。


タイトル、コンセプト、写真のセレクト、並び、デザイン、印刷会社、紙の選択、インク、製版、、、
1人でできるわけではなく、チームで、同じ夢を見てつくります。
ぜひ、楽しみに待っていてください。
ニコンサロンの前に。
詳細は決まってゆき次第、こちらでお知らせします。


[PR]

by jazz_houser | 2014-04-15 21:30 | 写真集『マブイ 魂は廻る』 | Comments(6)