カテゴリ:未分類( 8 )

2014年 08月 24日
本日8/24(日)は終日在廊します
昨日は突然の世果報雨(ユガフアミ)でしたが、
たくさんのお客様にギャラリートークに参加いただき、ありがとうございました。

f0182432_08555735.jpg

また、写真展内容(パイパティローマ・カラー)と写真集(マブイ・赤外モノクロ)に違いがあるにもかかわらず、
ご購入いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
2005年~2014年までの集大成であり、自分の基となるシリーズが「マブイ 魂は廻る」であり、
自分の撮影・作品のスタイルを決定付けたものです。
本写真展「パイパティローマ」もその上に構築されたものだと感じております。
1枚目の吊り展示になっている、モノクロの島影、それもマブイですよね。
「パイパティローマの写真集が欲しい」とありがたいご要望もいただいております。
今後、作家活動を続ける中で、なんとか実現したいと思っています!

本日も会場でお待ちしております。

[PR]

by jazz_houser | 2014-08-24 08:58 | Comments(0)
2014年 08月 23日
本日13:00からギャラリートークです
f0182432_08220894.jpg
f0182432_08222684.jpg
f0182432_08224170.jpg
f0182432_08230581.jpg

本日23(土)13:00~新宿ニコンサロンでギャラリートークが行われます。
撮影の背景や意図を作家とお話する会です。
同時に隣接するセミナールームでポートフォリオレビューが開催されます。
込み合うとは思いますが、万障お繰り合わせの上、皆様にご参加いただけたら嬉しいです。
[PR]

by jazz_houser | 2014-08-23 08:24 | Comments(4)
2014年 08月 22日
根の国
私はこのパイパティローマに取り組み始めた当初、
いつものごとく1台のローライフレックスにモノクロフィルム、
もう一台にカラーネガフィルムを詰め、島を歩いていました。
生と死、この世とあの世、マブイのスタイルで。

台湾の蘭嶼の端にさしかかり、
森の中でイエロースネーク?におびえつつ小道をぬけた時、
はっとしました。
これは。。。

f0182432_08391550.jpg

斎場御嶽から久高島が。。。

それ以来、このシリーズをモノクロフィルムで撮ることはなくなりました。
南の根の国があるとすれば、こんな感じの島なのかな、
昔の人々にとって、人智の及ばない南の果て(ニライカナイ)は異界であったことでしょう。
行っても帰って来れないような。
私はパイパティローマを、人々の心の中にある南の島影を、カラーで描くことにしました。

このシリーズの写真集はないのですか?と聞かれます。
残念ながらないんです。。。
モノクロームの「マブイ 魂は廻る」と、よい対になるとは思うのですが。
本日も新宿NikonSalonに在廊して、皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]

by jazz_houser | 2014-08-22 08:41 | Comments(6)
2012年 01月 15日
nomad to land
もうすぐ34。
歳を取るごとにやることが増えてゆくものかもしれない。
今、自分の人生で、もっとも忙しい時期。
のしかかってくる重圧に、こころの平穏がない。
なぜこのような時に、いくつもやることを増やすのだ?
と思ってみたり。

全紙の紙を10枚。規則的にしるしを付けてゆく。
ロータリーカッターが紙を切る感触。

薬品をすりこぎで粉砕していると、無心になれた。

f0182432_1452027.jpg


薄暗い中で、薬液を調合して、冷ます。
光に透ける結晶。

夜な夜な紙を液に浸して、調える。

f0182432_1515750.jpg


限られてしまった写真の時間。
あ、これこそが素の自分になれるひとときと気づく。

終わろうが、終わるまいが、やる。

nomad to land / kiyotaka yaguchi

2/12(日)~18(土)※水休

Gallery Limelight
[PR]

by jazz_houser | 2012-01-15 01:59 | Comments(4)
2010年 06月 17日
魂曼荼羅と魂の書
ニコンサロン応募時のもの、それがポートフォリオといえばそうなるか、、、
でもそれも今となっては、遠い昔のものに思える。

今年の頭くらいから、ちゃんと作り直しておきたい、そう思うようになり、
作品集を作るなら・・・と考え始め、
製本する?紙は?漠然としたモヤモヤの中で過ごしてきた。
自分の手で、納得のゆくものを。
そう思い、装丁は八重山上布で。。。。なんて、じっくりと準備した。

あまりに時が経ちすぎ、以前纏めたものだけでは「今の自分です」とは言えない。
過去の写真を全部見直し、最新作も含めたベストを。
これでさえ、もしかしたら途中経過であるかもしれないが、できた。
新しい、マブイ。

f0182432_23312716.jpg


マブイマンダラの前で、マブイの書を紐解く。

これがいつか皆さんに、見ていただければなぁ。
間違いなく、今の自分。

これで今年の前半、決めたとおりに駆け抜けた。
もう、抜け殻です。。。
一人ぶがりのーしで酒。
[PR]

by jazz_houser | 2010-06-17 23:43 | Comments(4)
2010年 04月 29日
近況
4/18に東京に戻ってきて、カラーはラボに出して現像完了しましたが、
こんなことは初めてですが、モノクロは手付かず、熟成中です。
完全に諦めました、来月にします。

帰ってきたその日から10日間でポートフォリオを改訂する作業をしました。
基本はNikon salonの時のものから、早いものでもう1年、その間に撮った写真を組み入れる。
大阪展が終わってから、段々と自分の撮る写真が変わってきたような感覚がありましたが、
同列に並べてみてはっきり違うということは分かりました。
Nikonが48枚でしたが、結局50枚になり、内容は8枚入れ替えました。
すべて現時点での力で焼き直し、マブイ~の完成形です。

昨夜それも終わって、やっと機材の手入れをして、、、と。
ワイドローライのヴューレンズを清拭していたら、
何と前玉がくるくる回転するじゃないですか...orz
いやーな汗をかきました(>_<)

明日からの撮影について今日一日悩んだのですが、
結婚式は2000FCW+50mmF2.8&110mmF2といつもの3.5F
その他の八重山は3.5Fと2.8Fにしました。
結婚式の衣装も含め何と荷物の重い八重山でしょう!
これは普段の行いなのか。。。

明日石垣入りして、明後日は大事な結婚式の撮影があります。
二人の新しい門出を美しく撮らなければ。
その後はいつものように波照間→与那国。
波照間では恒例の生まれ年(寅年)の祝いで、
今年はカジマヤー(97歳の祝い)が2人もいらっしゃいます。
なんと“かりゆし”なのでしょうか。
かーりゆし♪かーりゆし♪かーりゆし♪かーりゆし♪
与那国ではゆっくりしてきます。花酒で。
[PR]

by jazz_houser | 2010-04-29 01:12 | Comments(6)
2010年 04月 09日
近況
だいぶご無沙汰しておりました。
3月末から今まで取り組んでいた写真のために、更新もままならず。
没頭してしまうと、どうも一つのことだけで頭が占領されてしまって。。。
あ、だから没頭というのですね。

f0182432_091571.jpg

携帯でスイマセン・・・

これまで何年か撮っているのですが、ここ2年くらい特に入れ込んでいます。
脳内では展示するイメージも出来上がっているのですが、
それを実現するプロセスをなんとかする職人的な労力と、
写真自体をブラッシュアップすることが課題。
内容を押し上げるには夜明けから深夜まで、1コマでも多く撮影するしかないかな、と思ったので。
今年は多少の手応えのようなものも感じましたが、どうだろう。
叶うならいつか皆様に見ていただける時がきたらいいなぁと思っています。
その現像でさえ八重山の撮影とプリントやセレクトの合間になってしまいますけれど(^^;

f0182432_010455.jpg

ホテルの一室より俯瞰撮影・・・

そんな中、先日JPS展のプリントを仕上げました。
自分の好きな写真でもあるので、眠くても追い込むのは楽しいものです。
5月22日にはスクエア3枚組が東京都写真美術館地下一階の左側に架かっていると思います。

今夜は八重山ぬぱなすでなくてスイマセン。
私は元気です!
[PR]

by jazz_houser | 2010-04-09 00:16 | Comments(4)
2009年 08月 12日
石川琢也写真展 「南下行」
友人であり、写真作家の石川琢也さんが、コニカミノルタフォトプレミオで写真展を開催されます。
彼は私と同い年で、同時期に八重山をはじめとする沖縄・琉球弧に惹かれ、撮ってきました。
出会いは新宿ニコンサロンの会場ででした。
「これからコニカミノルタに持ち込む」と言った彼の眼は強かったのを覚えています。

島を歩けば、観光客から、写真を趣味とする人から、プロの写真家まで皆思い思いにシャッターを切ります。
私は東京で、沖縄の、八重山の写真展があればできる限り足を運びます。
自分が撮っているからこそ、その人がどの通りで、どちらに向けて撮ったか、
さらには、何歩踏み込んで撮影したかさえも分かることがあります。
私は一度、展示作品のテストプリントを見せていただきました。
その上で、私は彼の写真がどういう風に進んでいくのか気になるのです。
全暗の中、信じる最終プリントを仕上げられたのでしょう。
ぜひ此方をご覧の皆様も、写真作家 石川琢也さんの感じた「南下行」を感じてみてください。
私は会期中、何度か見に行こうと思います。
石川さんは常時在廊されるとのことです。

f0182432_23592377.jpg


フォトプレミオ2009
石川琢也写真展
「南下行」
2009年8月17日(月)~8月27日(木)10:30-19:00
(最終日は15:00まで)
写真展詳細

コニカミノルタプラザ
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
[PR]

by jazz_houser | 2009-08-12 00:10 | Comments(3)