2008年 11月 26日
個展準備5
もうすぐ師走。
個展まであと3か月。

<DM>
ついに1000枚刷りあがった。
事務局からは「暗部の再現は期待しないで・・・」と言われていたが、
気になるほどでもなく、色も問題無い。
紙自体が違うのに、ここまで仕上げてくれてありがとう。
写真と文字を区切る黄色いラインがいい。
置いてもらうのはこれからぼちぼち進めるが、
忘れられてしまう恐れがあるので、発送する時期は大事だろう。

f0182432_19114782.jpg


<展示方法>
色々な写真展を見てきて、自分が気になるのが、“反射”だった。
レンタルフレームやギャラリー備え付けの額を使用して額装することも考えたが、
どうもガラスの反射でプリントが見づらくなるのが気になっていた。
“自分の眼の位置と作品(と照明)の角度を探って、反射の無い方向から見る”というのはどうも・・・

じゃあパネル貼りだ!ということで、
アルポリック(アルミ複合版)貼を検討したが、どうしてもコスト的に難しい。
次に安価なゲータフォーム(硬質発泡ボード)貼を考えた。
断面が黒なのが良い点なのだが、板厚が5㎜と厚い。
ゲータフォームは材料を仕入れて、自分で加工することも考えたが、
コストと質と時間を考えると、プロにお願いする方がいいと判断した。

本日、ディスプレイ会社で現物を見て相談した結果、
アルポリックとほぼ同一で安価な、アルミ複合版を使う方法に決定した。
断面が白色なのが気になる(細かい?)が、
作品サイズにカット後、自分で断面を塗装してもいい。

手直しの時間も見て、

プリント製作(最終点数決定)&パネル切り出し→断面塗装  →貼り付け&下駄取付→ニコンサロンへ搬入
       自分(1月下旬迄)&業者       自分(2/1迄)    業者(2/9)     (2/23迄)

といったスケジュールかな。
〆が決まるといよいよ焦ってくる。

<プレ個展>
何年も髪を切ってもらっている美容室で、
『個展の前にちょっと展示したら?』
と言っていただいたので、12月くらいから展示できるように考えている。
慣れ親しんだ好きな場所なので嬉しい。
さすがに美容室なので、あまり重めな写真は控えよう。
プリントは10枚弱、今までのテストプリントを使用する。

<プリント製作>
まだまだ手がつかない。
小ネタだが、大きな刷毛と手袋、ブロアーを新調した。

f0182432_19141697.jpg


さすがにそわそわしてくる。
刷毛の写真を撮っている場合じゃない(^^;
[PR]

by jazz_houser | 2008-11-26 19:30 | 個展準備 | Comments(2)
Commented by raota1229 at 2008-11-28 12:21
先日、自分もポストカード大ですがDMを作製しました。
さすがに300枚ほどです(笑)1000枚は迫力がありますね。
Commented by jazz_houser at 2008-11-28 14:42
>raota1229さん
実際に自分が使用するのは500枚程度かなと思っています。
ちょっと大きめのものにされたのですね。
写真が大きいっていうのはいいです。
DMが出来上がると、いよいよだな~って焦り始めますね(^^;


<< 中心      懐かしい >>