2016年 10月 11日
矢口清貴写真展「パイパティローマ 波照間の南ー楽土へ」築地・ふげん社にて開催

矢口清貴写真展「パイパティローマ 波照間の南ー楽土へ」

パリフォトから、一年ぶりの投稿になります。

  ありがたいご縁から、このたびパイパティローマの現時点での完全版を展示できることとなりました。
  さらに写真集「マブイ 魂は廻る」のオリジナルプリントも同時展示いたします。
  パイパティローマ自体はプリント枚数も多いため、前期・後期に分けての展示となります。
  2014年のニコンサロンでの展示内容だけでなく、2005年から現在までの写真からセレクトしました。
  カラーとモノクロ、まったく異なるように思えますが、
  一人の作家の二面性にも取れますし、奥底でつながっていると思っています。
  築地で八重山につつまれにきてください。

  また、関連イベントとしまして、街道マガジン主宰、写真家の尾仲浩二さんとのトークショー、
  写真評論家の飯沢耕太郎さんとのトークショーが開催されます。
  早くも予約が入ってきているようですし、なかなか実現できない企画ですのでぜひご参加ください。
  皆様には写真展タイトルと同じ、請福酒造の泡盛「南波照間」を味見していただこうかと考えております。

f0182432_10414511.jpg

  
  ★私の在廊予定
  10/11(火)18:00~19:00
  10/15(土) 午後 ~17:00
  10/19(水)18:00~19:00
  10/22(土)12:00~18:00※尾仲さんとのトークショー18:00~19:00すぎまで
  10/26(水)18:00~19:00
  10/28(水)18:00~19:00※飯沢さんとのトークショー19:00~20:00すぎまで
  11/ 4(金)18:00~19:00
  11/ 5(土) 午後 ~17:00


★会期:2016年 10月 11日(火)〜 11月 5日(土)

前期 10.11 – 10.22  Invisible things
後期 10.25 – 11.5   Visions of island

通し展示 「マブイー魂は廻る」

火-金 12時〜19時 / 土12時〜17時

日・月・祝 定休日

入場無料

★会場

コミュニケーションギャラリーふげん社

〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F

TEL:03-6264-3665

Mail:info@fugensha.jp

★関連イベント

いずれのイベントもご予約をお願いいたします。電話とメールで承っております。

ご予約の際は「代表者のお名前、参加人数、当日のご連絡先(電話番号)」をご連絡ください。

TEL:03-6264-3665  Mail:info@fugensha.jp

① トーク 尾仲浩二(写真家)× 矢口清貴

国内外でご活躍されている旅する写真家の尾仲浩二さんと、尾仲さんが主宰する「街道塾」「街道マガジン」に参加する矢口清貴さんの、師弟トークが実現しました。
矢口さんの写真を一番近くで見ている尾仲さんから、どんな言葉が聞けるでしょうか。どうぞお楽しみに!

日時:10月22日(土)18時〜

参加費:1,500円(ドリンク付、要予約)+特製パンフレット付

尾仲浩二(おなか・こうじ) プロフィール

1960 福岡県直方市生まれ
68 千葉県君津市に移転
82 東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業 以後フリー
イメージショップ『CAMP』に参加 東京・新宿
84 『CAMP』解散
88 ギャラリー『街道』開設 東京・新宿
92 『街道』閉鎖
93 『03FOTOS』にて活動2001年まで 東京・渋谷
2002 『photographers’ gallery』に参加 2003年まで 東京・新宿
07 ギャラリー『街道』再開 東京・阿佐ヶ谷  2014年11月閉廊

15 同人誌「街道マガジン」創刊

16 ギャラリー『街道』中野で再開

② トーク 飯沢耕太郎(写真評論家)× 矢口清貴

写真展「パイパティローマ」に推薦文を寄せてくださった写真評論家の飯沢耕太郎さんと、矢口清貴さんのギャラリートークです。 沖縄に魅了された写真家の系譜を辿りつつ、矢口さんの作品を鑑賞しながら思い思いに語っていただきます。

日時:10月28日(金)19時〜

参加費:1,500円(ドリンク付、要予約)+特製パンフレット付

飯沢耕太郎(写真評論家) プロフィール
1954年宮城県生まれ、現在東京都在住。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書、1996年)、『デジグラフィ』(中央公論新社、2004年)、『写真的思考』(河出ブックス、2009年)、『深読み!日本写真の超名作100』(パイインターナショナル、2012年)などがある。


よろしくおねがいします。


[PR]

by jazz_houser | 2016-10-11 00:00 | パイパティローマ | Comments(0)


<< 在廊予定      ダミーブック >>