2009年 10月 28日
闇の粒子
月の無い夜、虫の多さに蚊帳から起き出した。
テレビもないし、携帯も通じない。(当時は)
おじぃとおばぁも寝てしまって話し相手もいない。
半分眠った頭で、三脚にカメラを取り付ける。
木戸をそっと開けて、珊瑚の敷き詰められた庭を忍び足。

しまった!ライトを忘れた。。。
後ろを振り返ると、戻るのも面倒だ。
途端にどこかで心細い気持ちが生まれた。
浜へ抜ける木々のアーチをそろそろと進む。
とろんとした闇が私の周りに存在し、闇を掻き分けている。

ここならいいだろうと思った場所に着いたものの、
暗すぎて構図が決められない。
愚かにも夜空が明るいと無意識に思っていたのだ。
辺りに光といえば星と、対岸の街の瞬きだけ。
・・・露出計もレリーズも忘れてきた。
ここまで来て何もしないのも癪なので、勘で撮った。
10分くらい露光する間、何かが私の足をかすめる。
まったく撮れた気がしない。

私は真の闇を知らなかった。
闇の粒子に包まれていることを知ったとき、恐怖が纏わりついて来る。
蛾のように街灯を求め、次第に早足になる。

f0182432_1111123.jpg
Rolleiflex 3.5F Xenotar

光は闇への畏れなのだ。
[PR]

by jazz_houser | 2009-10-28 01:15 | 新城島 | Comments(6)
Commented by nicoglass at 2009-10-28 14:25
こんにちは。
なんか中央右の奥に炎のようなものが写ってますね。
なんだろう。。。(^^;
10分間露光したお写真のほうはどんな感じで写ってたのでしょうか。。。
ぜひ機会があれば拝見したいです。
Commented by jazz_houser at 2009-10-28 22:52
nicoglassさん、こんばんは。
新城島は神の島です。
こんな夜中に一人うろつくのは本当にお勧めできません。
霊感などの類はない私でも、、、
目の前に自分の掌をかざしても見えない、暗闇の夜。
このメインストリートに出た時は、本当に安堵で脱力でした。

確かにフクギの木のアーチの先に炎のように見えますね。
街灯の光がその先の木に当たっているんです。

この頃は夜だけポジを使っていて、よく当てずっぽうで当たりましたよね。
測っていても外すこともあるのに。。。
心の中で秒数カウントしてました。

この写真もそのボツ写真も、もう4年くらい前になりますが、
確かろくでもない仕上がりだったと思います。
闇に畏れて呑まれていましたから、当然の結果です(^^;
でも、せっかくですしもう一度見返してみます。
Commented by shin2627 at 2009-10-29 06:06
おはようございます。

新城島の道の街灯、不思議な感じがしますね。童話の世界に
紛れ込んだようです。その先にどんな世界があるのか気になります。
Commented by jazz_houser at 2009-10-30 12:04
shin2627さん、こんにちは。
島の街灯は黄色~オレンジ色で、なんとも懐かしい色です。
薄暮の頃など、深い空のブルーとの対比が綺麗です。

新城島という先入観があるので、撮った本人はどうしてもそう思ってしまいます。
でも見ていただいた方に少しでも感じていただけたなら、嬉しいです。
Commented by petitmango at 2009-10-30 20:53
こんばんは^^

新城島、ずいぶんと前ですが
一度だけ日帰りで訪れたことがあり
その美しい海を思い出しました。

島の夜、、、なんとも不思議な雰囲気ですね。。。
そのときの心情が写真に現れているようにも思えます。
街灯の色を見ると、八重山の島の静かな島の夜を思い出します。
Commented by jazz_houser at 2009-11-01 18:58
petitmangoさん、こんばんは。
新城島、桟橋の周りでもすばらしい珊瑚礁ですよね。
petitmangoさんも夜の散歩お好きですか。
シャワーを浴びたあと外に出て、
サーっと風が吹き抜ける音を聞きながら、夜を感じるのは格別です。


<< まいふにゃ      弥勒節 >>