2009年 08月 12日
石川琢也写真展 「南下行」
友人であり、写真作家の石川琢也さんが、コニカミノルタフォトプレミオで写真展を開催されます。
彼は私と同い年で、同時期に八重山をはじめとする沖縄・琉球弧に惹かれ、撮ってきました。
出会いは新宿ニコンサロンの会場ででした。
「これからコニカミノルタに持ち込む」と言った彼の眼は強かったのを覚えています。

島を歩けば、観光客から、写真を趣味とする人から、プロの写真家まで皆思い思いにシャッターを切ります。
私は東京で、沖縄の、八重山の写真展があればできる限り足を運びます。
自分が撮っているからこそ、その人がどの通りで、どちらに向けて撮ったか、
さらには、何歩踏み込んで撮影したかさえも分かることがあります。
私は一度、展示作品のテストプリントを見せていただきました。
その上で、私は彼の写真がどういう風に進んでいくのか気になるのです。
全暗の中、信じる最終プリントを仕上げられたのでしょう。
ぜひ此方をご覧の皆様も、写真作家 石川琢也さんの感じた「南下行」を感じてみてください。
私は会期中、何度か見に行こうと思います。
石川さんは常時在廊されるとのことです。

f0182432_23592377.jpg


フォトプレミオ2009
石川琢也写真展
「南下行」
2009年8月17日(月)~8月27日(木)10:30-19:00
(最終日は15:00まで)
写真展詳細

コニカミノルタプラザ
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
[PR]

by jazz_houser | 2009-08-12 00:10 | Comments(3)
Commented by gaozhongjp at 2009-08-12 22:39 x
大阪展はないのでしょうか?
Commented by jazz_houser at 2009-08-13 08:31
gaozhongjpさん、おはようございます。
そうなんです、残念ながら東京のみの開催です。
コニカミノルタは東京のみですが、ニコンサロンより期間が長いのですね。
Commented by jazz_houser at 2009-08-18 21:27
本日拝見してきました。
石川さんの感じた八重山が詰まっていました。
もちろんですが、入魂のカラープリントは味わいを増していました。
明日からまだ9日間も、いや9日しかありません。
もう何度か見に行こうと思ってます。

私は縦横のない二眼レフ。
石川さんは縦横のあるマキナ67という蛇腹カメラ。
共通点もあり、違うところもある。
当たり前のことですが、不思議なことです。


<< 我      嵐の前 >>