2009年 02月 28日
東京展5
今日はやっと日が射して晴れになりそうです。
本日13:00からギャラリートークです。
喋りは苦手ですが(^^;
作家が自分の言葉で何を伝えるか、
作家としても、楽しむ皆さんとしても、
何かの参考になればと思います。
本日も会場でお待ちしております。
[PR]

by jazz_houser | 2009-02-28 10:18 | 新宿ニコンサロン | Comments(8)
Commented by Akiyan at 2009-02-28 16:30 x
東京展満員。
ニコンサロンには何度も行っていますが、満員御礼の経験は初めて。
ギャラリートークに、若い美しい女性を中心に多数のお客さん結集。
キュレーターの方も、こういったことは珍しいと前置き。
スクエアフォーマットで統一したエキシビジョン空間。
矢口さんのトークも自然でよかった。
ゆるい音楽を聴き泡盛を飲もう。
ありがとうございました。
大成功の写真展をリアルタイムで経験できました。
Commented by harutibe at 2009-03-01 00:15
ギャラリートーク、どうだった?うまくいったかしら??
本当は今日も行きたかったけど、違う用事で間に合わなかったよ~。
私のブログでオープニングの様子を案内させてもらったよ。
あと2日、最後までじっくり堪能しろよ~。
Commented by jazz_houser at 2009-03-01 02:30
>Akiyanさん
本日はお会いできて、写真とNIKONについてのお話ができて嬉しい限りです。
Akiyanさんの強力な援護射撃のおかげです。
会場でもお話しましたが、今回の個展は、
株式会社ニコンの懐の深さ並びに技術力の双方なくしては成しえなかったことでした。
本当にすごい人の入りで、戸惑ってしまいました(^^;
ありがたいことです。
何事も経験で、大阪展も頑張りたいと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m
Commented by jazz_houser at 2009-03-01 02:32
>harutibeさん
ありがとう。
まいこぉとは来れなかったかな。
今夜はぐったりですが、それも皆さんに見に来ていただいたからです。
ゆうに200くらいは見ていただいたんじゃないかな。
もしあと二日そちらか来られれば、ゆっくりと作品を堪能してね。
2度来ると、また発見があると思うから。
ありがとう。
Commented by 轟 太郎 at 2009-03-01 07:13 x
昨日はお世話になりました。
生まれて初めてのポートフォリオレビュー参加、とても刺激になりました。土田先生のキャラクターのおかげか、かなりきついことを言われても特にヘコまなかったです。あの後、何人かの人から土田先生から私が苦言をもらいまくったバライタの暗い写真。あれのほうがもうひとつ提出したテーマのものより良かったと言っていただきました。初対面の人からそんなことを言われる経験もまた初めてでしたので、非常に大きな励みになりました。ポートフォリオレビューの存在を教えていただいたのもjazz_houserさんからですし、心より感謝いたします。
Commented by いはら at 2009-03-01 08:14 x
はじめまして
昨日のお昼ごろに会場で作品を拝見したものです。
カメラが不調だったので、サービスに見てもらった帰りでした。

何か会場の入り口から漏れる、夏の蒸した日の草の匂いのような
錯覚にひかれて、見てしまいました。

日本の中にまだ残っている。自然と人間のゆっくりとした呼吸の
ような物を強く感じました。また私は北国の人間で、写真に写って
いる場所は一度も見たことのない光景でしたが、何故か自分が
帰っていきたい場所のような気がしました。

素晴らしい作品を本当にありがとうございます。
Commented by jazz_houser at 2009-03-01 09:34
>轟 太郎さん
本当におつかれさまでした。
写真を“本気で”見せに来る方も、見る方もすごいエネルギーを消耗するものです。
あの空間は室温が通常より2度ほど上昇していたんじゃないでしょうか。
轟さんと土田先生のやりとりをドキドキしながら拝見しておりましたが、
最後帰るとき一緒に帰りましたね、
一日かかって魂の交流ができたような。
先生も必ず轟さんの作品・人を覚えているはずです。
私が畠山さんに言われて、「なにくそー!」ともがいたように、
轟さんも前へ、前へ。

私も中東さんにポートフォリオレヴューを進められたんです。
あの洗礼を受けて、写真に取り組むこと、写真を壁に架ける重みを考えるようになりました。
私もMっ気があるのか、またしばかれに行きたいような、怖いような(^^;
Commented by jazz_houser at 2009-03-01 09:41
>いはらさま
はじめまして。
作品を見て、感じていただいてありがとうございます。
そうなんです。
「魂は廻る-マブイハメグル」は私が八重山で出会った、気づいたものです。
本当はこれはヤマト(日本)のどこでも同じようなことがあって、
単に忘れてしまっただけなんじゃないかと思います。

私はもちろん知りませんでしたが、
見ていただいたみなさんに“こういったこともあるんだなぁ”と思っていただければ、
多少なりと八重山も、ヤマトも少しづつでも元に戻って行くかもしれないなとちょっぴり願っています。

コメントありがとうございました。


<< 東京展6      東京展4 >>