2009年 01月 27日
まちぼうけ
思えば、初めての新城島は波瀾万丈だった。
石垣→西表・大原経由→新城島というルートで上陸した。
定期航路ではないが、島民が安栄観光に連絡すると、
便は選べないが乗せてくれる。
普通一人よりも数人集まった方がよい、けれど私は一人。
帰りはすんなり石垣直行、のはずだった。

おばぁに別れを告げ、ちょっとしんみりしながらおじぃと桟橋に向かう。
サソリやらカメラの故障も、今となってはよい旅のエッセンスかもしれないな・・・
昨晩は二人飲み過ぎて、「東京に電話しろ、歌を聴かせる!受話器こっち向けろ」
なんて大騒ぎしてたらおばぁに怒られた。
夜中に本気で唄うんだもの。

今夜は久しぶりにビールを飲んで、
石垣で味の濃いものを食べようかと思っていた。

木陰でおじぃと船を待つ。
おじぃもこの濃密な四日間で撮られ慣れてきたらしい。
「あれだ、大原から船が出た」
対岸の港から白波を立てて向かってくる。

f0182432_13385243.jpg

Wide Angle Rolleiflex

「あのブイのあたりで曲るさ。」
船影がどんどん大きくなる。
新城島の近海を右に滑ってゆく。
・・・
曲らない。
「行っちゃったよ・・・」

前日に連絡してもらっていたのに、見事に見捨てられた。
さてどうしたものか、、、今日は郵便船も来ない。
おじぃはもう一泊してけと言うが、明日は一便で波照間に行かなければならない。

石垣や黒島からいくつかの業者がシュノーケルツアーを行っている。
頼み込んで、黒島まで片道載せてもらうことになった。
「シュノーケルツアーだから、泳ぐのに付き合ってもらうぞ、道具はないけど」
まぁ、こういうアクシデントもいい。

蒸した狭い船内で、海パンに着替える。
体一つ碧い碧い海に飛び込む。
ほぼ生まれたままの形で、海に抱かれる。
黒島沖のサンゴ礁は言葉では言い表せない。
細胞が生き返る海。

新城島はちょっと気合を入れないと行けない島だ。
その後は船に忘れられてはいない。
行ったすぐ後は濃密すぎておなかいっぱい、と思うのだけど、
しばらくするとまた二人に会いたくなる。
もう半年会っていない。
また顔見に行こう。
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-27 12:40 | 新城島 | Comments(4)
Commented by riepon♪ at 2009-01-28 01:13 x
いくつになっても男は呑んではしゃいで女に怒られる、って構図
変わらないんだろうねー(笑)
ちょっとうらやましいような・・・

この方は、もしやアサヒカメラ掲載の三線のおじぃでしょうか?
かっこいい。
本土の人には無い逞しさを感じるね。
葉っぱの緑と空の青がよく似合うわ。
Commented by jazz_houser at 2009-01-28 15:52
riepon♪さん、こんにちは。
飲まない人にはなかなか理解されないのんべぇの行動・・・
おばぁも呆れてたね(^^;
そうです、あの写真を前回訪ねた時に、額装してプレゼントしました。
とても喜んで、実家に飾ると言ってくれたのが、すごくうれしかったです。
Commented by ジオグラフィック at 2009-01-28 21:54 x
この海は凄く綺麗な海で,何時間も浮かんでいたい所ですね。浮かんでいると色とりどりの魚が通り過ぎて行く、2、3mくらいのサメもスーと通り過ぎて行くんですね。んー懐かしい、
あの綺麗さは今でも目を閉じると思い出します。
私には暖かすぎる海水の温度です。少し身震いする冷たい海も好きなので。でも離島のアクシデントは結構面白いです,船なんか来ない事もしばしば、そこが楽しい1人旅、もう1泊なんかざらでした。
Commented by jazz_houser at 2009-01-29 02:06
ジオグラフィックさんこんばんは。
魚って大きいと怖いですよ(^^;
自分の身体くらいのサイズだと、相手は全く動じませんから。
浅瀬だと、温水プールのような感じですね。
寒い海は、美食的にはとても豊かな海でしょう。
2・30年前に戻って、やわな船で島へ渡ってみたいです。
1日単位で動くような旅は残念です、本当は気分でもうちょっといよう、
なんてできたらよいのですが。
新城島に行くときは、石垣を一泊入れて安全をみています(^^;


<< 普通      個展準備10 >>