2009年 01月 12日
楽園
今でも思い出してしまうことがある。
八重山を旅し始めた頃、浮かれていたと思う。
石垣の美崎町で一杯飲んで、いい気分。
夜風に吹かれながら宿まで散歩。。。

ふと、後ろから

「どこから来たの?」
子連れの私と同い年くらいの夫婦だ。

「東京です」

「どうだね、楽しいか?」

「はい、八重山大好きです。」

「何がそんなにいいのかね?」

「綺麗な海や島人も温かいし、散歩したり、本当にいいですね」

「そうか?・・・そんなにいいもんじゃないさ」



一気に酔いが醒めた。

非日常を一時、楽しむ旅行者、それは楽園だろう。
島で島と暮らす、それが何を意味するか。
単なる愚痴とは済ませられない本気がそこにはあった。

f0182432_005496.jpg

Rolleiflex3.5F Planar 波照間島

楽園なんかじゃない。
それは私が八重山を思うとき、どこか心の片隅にある。
[PR]

by jazz_houser | 2009-01-12 00:06 | 石垣島 | Comments(3)
Commented by サカモトダイスケ at 2009-01-13 08:34 x
楽園じゃないっていう感覚とは少し違いますけど、2週間近く向こうにいて最後は焦りました。楽しいけど、自分フワフワしすぎだなと。次いくときはしっかりと地に足をつけて味わいたいなーとかなんとか思ってます。
それと、DMってどこ行けば手に入りますか?
Commented by jazz_houser at 2009-01-14 12:04
>サカモトダイスケさん
八重山は長期旅行者(放浪者?)多いですよね。
だいたい10日くらいで曜日が分からなくなる(^^;
普通の人は、社会に追いつけない焦りみたいなものが出てくるんじゃないかと思います。
と言っても私は一番長くて確か12日間でした。

DMですが、数枚お送りしましょう。
私のメールアドレス分かりますか?
分からなければこちらに非公開コメントとして載せてもらってもOKです。

コメント遅くなって申し訳ないです。
Commented by jazz_houser at 2009-01-14 23:51
前からメールを載せていないのはどうかと思ってましたので、
記載することにします。
こちらに連絡ください。

besumablue@ホットメール.co.jp
※上記をhotmailに変更してください


<< シュール      てぃだぬふぁ >>